ワノ国編

ワンピース 四皇編 麦わらの一味に活躍の場はあるか!?

更新日:

「ケーキホールアイランド編」「ワノ国編」と四皇との対戦が続いています。

また懸賞金も10億を超え、敵の強さもハンパない強さになってきました。

正直、麦わらの一味はルフィ、ゾロ、サンジ、ジンベイ以外は足手まといになるのでは?と思っています。サンジですら怪しくなってきていると思っています。

スポンサーリンク

四皇編は「ドラゴンボール化」するのか!?

麦わらの一味

出典:ワンピース

 

大人気漫画ドラゴンボール。前半は地球人(クリリンや天津飯)が活躍していましたが、ドラゴンボールZではサイヤ人である「悟空」「悟飯」「ベジータ」「トランクス」そして辛うじて「ピッコロ」が活躍し、地球人は戦闘にも参加しない、参加しても活躍はせず、脇役の存在になっていました。

ワンピースも四皇編が始まり、四皇や最高幹部たちと太刀打ちできるキャラクターは限られてきました。

実際にドレスローザ編でも戦闘の戦力として活躍したのは、ゾロぐらい。フランキーも活躍しましたが、相手はただの幹部でした。(ウソップは違う意味で大活躍でしたが)

ケーキホールアイランド編でもサンジがオーブンやダイフクと戦うことが出来たくらいで、他のメンバーはまともに戦っても勝ち目はない感じでした。

ただキャラクターを大切に描いている尾田先生なので、

麦わらの一味は戦闘シーン以外で大活躍すると思っています。

狙撃手「ウソップ」の今後の活躍を考察

懸賞金:2億ベリー(ドレスローザ編後)

ウソップの嘘は伏線で次々と「嘘が本当になっています」

  • その1「金魚の糞」

ワンピース3巻で「カヤ」を元気付けようとしてついた嘘

 おれが5歳の時 南海に住む巨大な金魚と戦った時の話だ
まず驚いたのは あのフンのでかさと長さだ。

おれはてっきり大陸だと思って上陸しちまったのさ

出典:ワンピース

リトルガーデン編の最後に現れた巨大な金魚の糞が「何もない島」という巨大な糞。

ウソップの嘘が本当になった瞬間です。

  • その2「小人の国」

同じく「カヤ」との会話で「小人の国」の話しが出てきます。

これもドレスローザ編で小人族が登場します。

  • その3「3000万ベリーの懸賞金」

CP9戦後、ウソップ=そげキングに3000万の懸賞金がかかりました。

ドレスローザ編後には2億ベリーとなり嘘を大幅に超えましたね。

他にも色々あると思いますが、ウソップの嘘は伏線となっていて実際に実現することが多いですね。

ウソップの過去の嘘から今後、実現しそうな嘘はこれだと思っています。

ウソップが部下の嘘をつくシーン

出典:ワンピース

8千人の部下がいる「キャプテン・ウソップ」

麦わらの一味はドレスローザ編後にバルトロメオらが傘下に加わっています。

ただ船長のルフィがまったく乗り気ではないので、ウソップが大海賊団のキャプテンになるんだと思っています。

ウソップの巧みな言葉で大海賊団を率いて、今後の強敵に挑むのだと予想しています。

そして弱いのに「勇気あるウソップの活躍」は今後も楽しみです。

航海士「ナミ」の今後の活躍を考察

懸賞金:6600万ベリー

ナミに関しては航海士という、旅をするのに重要なポストについているので、それだけで十分だと思います。

戦闘ではビックマムの雲(ゼウス)をしもべとし、天候を操れるナミは完全な補助役。

戦闘での活躍は減ってくると思いますが、ナミは今まで通りの活躍を見せてくれそうです。

船医「トニートニー・チョッパー」の今後の活躍を考察

懸賞金:100ベリー

チョッパーは「○○人目」のタイトルがついていないキャラクター

有名な「○○人目」の話し

麦わらの一味に仲間が増えるとき、必ずタイトルに「○○人目」がつきます。

そしてチョッパーとロビンだけが、まだそのタイトルがついていません。

「○○人目」のタイトルは、役割を果たした時につくタイトルだと予想しています。

1人目(1巻):ゾロが仲間になる → 戦闘員

2人目(11巻):アーロン後にナミが正式な仲間に → 航海士

4人目(8巻):サンジが仲間になる → コック

3人目と7人目(45巻):ウソップが一度、意味を抜けて再度仲間に → 狙撃手

フランキーが仲間になる → 船大工

8人目(50巻):ブルックが仲間になる → 音楽家

5人目になるチョッパーは未だにタイトルになっていません。

万能薬のチョッパー

出典:ワンピース

 チョッパーはルフィが「ゴール・D・ロジャー」と同じ「不治の病」になり、その「不治の病」を治す

ルフィは今後、「ゴール・D・ロジャー」と同じ「不治の病」になると予想しています。ローのオペオペでも直せないか、ローがいないのかは分かりませんが、チョッパーが病を直した時のに「5人目」のタイトルがつくと思っています。

あと、「Tony Tony.Chopper」と名前に「.」がついています。

これは「隠し名」がある証拠だと思っています。

登場人物

出典:ワンピース

他のメンバーにはルフィ以外「.」は着いてないですし、隠し名があったローも「.」がありました。これは確実な伏線だと思っています。

トニートニー・チョッパは恩人「ヒルルク」が付けてくれた名前です。

「ヒルルク」は桜のことを言っていましたし、大泥棒の話もしていたので、ワノ国の「石川五右衛門」的な有名人だった可能性があると思っています。

その「ヒルルク」が付けてくれた名前には重要な秘密があると予想しています。

今後の展開が楽しみです。

音楽家「ブルック」の今後の活躍を考察

懸賞金:8300万ベリー

ブルックに関しては難しいですね。強さも弱くはないですが、そこまで強くはなく役割も音楽家。

ん~今度、どんな活躍をするんでしょうかね?

ヨミヨミの能力で忍び的な役割で活躍はできそうです。

最終的には「ラブーン」との感動の再会という流れは鉄板ですかね。

スポンサーリンク

船大工「フランキー」の今後の活躍を考察

懸賞金:9400万ベリー

船大工という役割の時点でフランキーは旅に欠かせない存在です。

フランキーの活躍の場は「Dr.ベガパンク」が登場する時だと思っています。

ベガパンクは海軍に所属する科学者で世界最大の頭脳の持ち主だと言われています。

フランキーは「バーソロミュー・くま」にベガパンクの故郷に飛ばされています。

これも伏線だと思っています。

まだまだ不明なベガパンク、今後のどのような展開になってくるか楽しみです。

そしてフランキーは自分の夢を達成する。

「仲間と自分の作った船で旅に出て、その船が世界の果てまで達するのを見届ける事」

考古学者「ニコ・ロビン」の今後の活躍を考察

懸賞金:1億3000万ベリー

ポーネグリフが読めるロビン。正直もう少し他の海賊から狙われても良い気がしています。

今後はラフテルに近づくほど、ロビンの能力がほしがる海賊が増えてくると思っています。

ロビンもチョッパーと同じ「○○人目」のタイトルがついてないです。

ロビンは考古学者なので、ラフテルへの謎を解明した時に「6人目」のタイトルがつくと思っています。

戦闘ではナミ同様に補助や守りがメインになると予想しています。

ロビンはラフテルへの謎を解くための重要な人物なので、今後の大活躍を期待しています。

最後に

ワンピースはドラゴンボール同様に敵が強くなってきて、麦わらの一味では「ルフィ」「ゾロ」「ジンベイ」「サンジ」くらいしか活躍しないかもしれません。

ただ、ワンピースは戦闘以外には各キャラクターの人生観をしっかり描いている作品なので、今後も麦わらの一味の活躍は、戦闘シーン以外で沢山待ち受けていると思っています。

-ワノ国編

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.