“赤髪”のシャンクスの謎を考察 | Dの意思とマリージョアの国宝

スポンサーリンク

なぜシャンクスは東の海「フーシャ村」に1年以上も滞在していたのか!?

ワンピース第1巻で四皇”赤髪”のシャンクスは「フーシャ村」に滞在していました。なぜ最弱の海である「東の海」にシャンクスが滞在していたのか、考察してみました。

そうだなァ

この村を拠点に旅して

もう1年以上たつからな

あと2・3回航海したら

この村を離れてずっとずっと北へ向かおうと思ってる

出典:ワンピース『1話』

シャンクスは「フーシャ村」を拠点に1年以上も東の海を航海していたのです。ちなみにシャンクスの故郷は西の海です。なぜシャンクスは最弱の海である東の海を1年以上も航海していたのでしょうか。

 

当時シャンクスがまだ四皇ではなく、名も知られていない海賊だった可能性も考えられますが、ワンピース第434話で語られた白ひげのセリフから、当時からすでに有名な海賊団であったことが判明しています。

「お前と鷹の目との決闘の日々も俺の日々にはまだ新しい」

「お前程の男が”東の海”で腕一本落として帰ってきた時ァ・・・誰もが驚いたもんだ」

出典:ワンピース『434話』

 

海賊王ゴール・D・ロジャーの船に乗り、白ひげにも一目置かれている男”赤髪”のシャンクスが、なぜ最弱の海である東の海で一年以上も航海していたのは、伏線でありしっかりとした理由があると思っています。

海賊王「ゴール・D・ロジャー」が待っている”Dの意思”を持つ男を探していた

頂上決戦で白ひげが残したセリフ

お前じゃねェんだ……

ロジャーが待ってる男は…

少なくともティーチお前じゃねェ…

出典:ワンピース

白ひげが残した言葉から「海賊王ゴール・D・ロジャー」は誰かを待っているようです。

白ひげとロジャー

出典:ワンピース

戦友であった白ひげにお酒の席で語ったように、優秀な部下であったシャンクスにも語っている可能性が高いと考えられます。

 

そしてシャンクスがルフィに渡した麦わら帽子は、ロジャーの持ち物だったと可能性が高いと考えられます。麦わら帽子をシャンクスが持っていただけでは理由にはならないかもしれませんが、ロジャーは次の世代の希望としてシャンクスに、何かを託していた可能性があるのではないでしょうか。

ロジャーの麦わら帽子

出典:ワンピース

 

東の海は最弱の海ですが、シャンクスが滞在していた「フーシャ村」(ゴア王国)には、「モンキー・D・ガープ」、「モンキー・D・ドラゴン」といった最強クラスの力を持つ男達の出身国になります。

 

シャンクスが「フーシャ村」に来た理由の1つはルフィを一目見に来たのではないでしょうか。海軍の”英雄”ガープを祖父に持ち、革命軍総司令官ドラゴンを父に持つ、ルフィがロジャーの待つ男になるかもしれないと考え一目見に来た。そしてルフィが

レイリーさん

おれァ本当に驚いたよ!!!

”東の海”(イーストブルー)に…!!

ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ……!!

船長のあの言葉を…!!

出典:ワンピース『506話』

ロジャー船長と同じ言葉を言う”D”の名がつく子供に、シャンクスは確信したんだと思います。

 

ロジャー船長見つけましたよ!船長が待っている男を

 

そしてシャンクスの宝物である、ロジャーの麦わら帽子を託したのではないでしょうか。

 

 

マリージョアの麦わら帽子

出典:ワンピース

また聖地マリージョアに隠された巨大な麦わら帽子。この麦わら帽子が何の意味を表すのかは謎ですが、「ロジャー」→「ルフィ」と受け継がれた麦わら帽子が何か重要な鍵になっているのかもしれません。

天竜人が訪れるゴア王国に隠された国宝の秘密を探していた

ワンピースでルフィやエース、サボの子供の頃が描かれた12年前の話で、世界最弱の海である東の海にあるゴア王国に天竜人が訪れています。

天竜人は一体何のためにゴア王国に訪れたのでしょうか。そもそもワンピースの作中で天竜人が国を訪れるというシーンはこのゴア王国のシーンがはじめてになります。天竜人はあれだけプライドが高い貴族です。その貴族がわざわざ航海という長旅をして、東の海まで訪れているのです。凄く違和感を感じます。

 

ゴア王国には重要な秘密が隠されている可能性が高いのではないでしょうか。

天竜人がわざわざ動くくらいの、重要な秘密。

 

ワンピース作中で語られた中で一つだけ思い当たる物があります。

 

それは

 

マリージョアの国宝です。

 

マリージョアの国宝

出典:ワンピース

聖地マリージェア内部にあると言われているマリージョアの国宝。ドフラミンゴはその秘密を知っているので、「CP0」ですらドフラミンゴの指示で動かすことが出来ました。

 

世界政府はマリージョアの国宝の秘密を知っているドフラミンゴを捉えることはせず、生かしてドフラミンゴの言う事を聞いています。

ただドフラミンゴがインペルダウンに捕まっている時、遂に殺し屋を送り込んだ様子でした。なぜ今頃??

インペルダウン

出典:ワンピース

 

ワンピース第907話でシャンクスは五老星の元を尋ねています。五老星もシャンクスを敵対せず、話を聞く姿勢でした。これはシャンクスがドフラミンゴ同様に「マリージョアの国宝」のような、秘密を知っているからだと考えられます。そして、その秘密を知るきっかけは「フーシャ村」に滞在していた時の調査で発覚したのではないでしょうか。

シャンクスと五老星

出典:ワンピース

スポンサーリンク

四皇”赤髪”のシャンクスはロジャーの意思を次いで、世界の謎を調査する旅をしていた!?

シャンクスが海賊王ゴール・D・ロジャーの船に乗り、ラフテルに上陸したのかは分かっていませんが、ロジャーは自分の病を知り、次の世代の希望としてシャンクスに、何かを託していた可能性があると予想しています。

そしてシャンクスはロジャーの意思を次いで、世界の謎を調査する旅をしていたのではないでしょうか。そのため、普通の海賊が目指すグランドライン → ラフテルのルートとは関係なく、色々な場所を拠点に旅をしていた可能性があると考えられます。

 

シャンクスが「フーシャ村」に1年以上滞在していたのは、天竜人がわざわざ訪れるゴア王国が怪しいと感じ、ゴア王国に関する情報を調査していたと予想しています。そしてマリージョアの国宝に関係する秘密を知り、世界を旅しながら調査し、マリージョアの国宝にたどり着いたのかもしれません。

 

五老星の態度やセンゴクのセリフからのシャンクスは、世界政府から認められている存在のように感じています。世界の秘密を知ったシャンクスはあくまでも、世界政府に協力的な姿勢で、世界を良くしようと試みているのではないでしょうか。

コメントを残す