日本神話から考察 八岐大蛇(ヤマタノオロチ)将軍”黒炭”オロチの結末

スポンサーリンク

ワノ国将軍”黒炭”オロチの能力が判明

ワノ国将軍"黒炭"オロチの能力が判明

出典:ワンピース

ワンピース第933話でついにワノ国の将軍”黒炭”オロチの悪魔の実の名前が判明しました。

ワノ国の将軍”黒炭”オロチは

ヘビヘビの実”幻獣種”モデル「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」

の能力者であることが判明しました。名前もオロチなので予想通りの悪魔の実の能力だったと言えます。ヤマタノオロチといえばゲームやアニメなどでもボスキャラである超強敵なキャラクターになります。そんな強敵な悪魔の実の能力者であるワノ国の将軍”黒炭”オロチの結末を、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が登場する日本神話から考察してみました。

※単行本派の方はネタバレも含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

日本神話に登場する八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が登場する日本神話の物語は須佐之男命(スサノオノミコト)という男が国を追放された所から始まります。国を追放された須佐之男命は美しい娘を持つ夫婦が住んでいる村へ辿り着きます。

夫婦には8人の娘がいたが年に一度、8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物(八岐大蛇)がやって来て娘を食べてしまうというのです。最後に残った娘も食べられてしまうと夫婦は泣いていました。須佐之男命は美しい娘と結婚するのを条件に八岐大蛇を退治する事を約束します。

須佐之男命は8つの門を作りそれぞれに強い酒を用意しました。八岐大蛇は須佐之男命の用意したお酒に8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み干しました。その結果、八岐大蛇は酔って寝てしまいます。八岐大蛇が寝ている隙に須佐之男命は剣で切り刻んで八岐大蛇を退治したのです。

アニメや漫画では強敵なイメージのあるヤマタノオロチですが、日本神話ではお酒に酔い寝ている所を殺させるという強者とは程遠い敗れ方をしているのです。

スポンサーリンク

日本神話の八岐大蛇と黒炭オロチの共通点

ワノ国の将軍”黒炭”オロチは見た目ボスキャラどころか雑魚キャラです。そしてカイドウがバックにいる事を利用して権力を振りかざしている感じです。ただ頭は悪くなさそうです。

ヘビヘビの実の幻獣種という悪魔の実を手に入れた黒炭オロチ、八岐大蛇とはかけ離れたイメージですが、意外と共通点があるのです。

共通点1 美しい女性が好き

ワノ国の将軍”黒炭”オロチは美しい女性が大好きです。オロチの宴会には美しい女性が沢山います。そしてワノ国のトップアイドル”花魁”小紫を妻にしようとしています。

小紫

出典:ワンピース

日本神話の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)は美しい8人の娘を年に一度一人ずつ食べています。八岐大蛇も美しい女性が好みだったと考えられます。

共通点2 お酒が好き

ワノ国の将軍”黒炭”オロチはお酒が好きです。オロチが登場するシーンはいつも宴会ばかりです。美しい女性に囲まれた宴会場で部下達と楽しくお酒を飲む。オロチは女とお酒が好きなのが分かります。

日本神話の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)は、須佐之男命が罠で用意した強いお酒を8つの頭それぞれ頭を突っ込んでがぶ飲みしています。八岐大蛇(ヤマタノオロチ)もかなりの酒好きだったと思われます。

共通点3 お調子者

ワノ国の将軍”黒炭”オロチはかなりのお調子物です。世界政府のCP-0が直接交渉しにきた席でCP-0に発砲しています。しかも発砲した理由がバックにカイドウがついているというから。バックに四皇カイドウがついているので、世界政府も簡単には手は出せないということなのでしょう。

カイドウに守られているオロチは世界政府にも強気で、国内でもバカ殿状態です。頭は悪くなさそうですが、かなりのお調子者だと考えられます。

日本神話の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)は強さからの過信なのか、敵の作戦に騙されてお酒を飲み泥酔している所を殺されています。慎重な性格や本当の強者であればこのような殺され方はしないはずです。八岐大蛇(ヤマタノオロチ)も調子物の性格だった可能性が高そうです。

スポンサーリンク

日本神話から考察 将軍”黒炭”オロチの結末

日本神話通りのストーリーにはならないと思いますが、もし日本神話のストーリーに似ている結末になるのであれば、お調子物の”黒炭”オロチは

敵に騙され

→お酒におぼれ

→眠り

→敗退

という結末をむかえるのではないでしょうか。

 

そして眠りといえば

居眠り狂死郎

です

狂死郎

出典:ワンピース

日本神話から考察するとワノ国の将軍”黒炭”オロチは

居眠り狂死郎に裏切られ眠らされ敗れるという結末になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

日本神話で気になる天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

日本神話の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)といえばヤマタノオロチの尻尾から発見された天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)という伝説の刀が有名です。天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は日本神話において神話に登場した神器(鏡・玉・剣)の内の剣になります。

この天叢雲剣はワンピース第52巻のシャボンシティ諸島で黄猿(ボルサリーノ)がレイリーと戦うシーンで登場します。ただこの剣は光で作った剣のようにも見えるので、本物の天叢雲剣はワノ国編で登場する可能性があるのではないでしょうか。ワノ国の将軍”黒炭”オロチは二刀流といわれているのでオロチが持っている可能性も高そうです。

コメントを残す