ワノ国の侍

【ワンピース】アシュラ童子(酒天丸)の強さを考察

アシュラ童子(酒天丸)の強さを考察

アシュラ童子

ワンピース第921話

プロフィール

名前 アシュラ童子(別名:酒天丸)
異名 不明
肩書 赤鞘九人男
年齢 不明
懸賞金 不明
所属 頭山(あたまやま)盗賊団棟梁
悪魔の実 不明

赤鞘九人男の一人で、20年間 頭山(あたまやま)盗賊団棟梁としてカイドウの部下にはならず、生き延びていた。

スポンサーリンク

もともとは無法地帯と呼ばれていた「九里」で最強の怪物と呼ばれていた男。光月おでんに敗れたことで、光月おでんの人柄に惚れ込み主君として認めて仕えるようになった。

光月おでんが処刑された後は「光月トキ」の言葉を信じて20年間「錦えもん」や「モモの助」達を待ち続けていたが、10年前にしびれを切らした同士達が鬼ヶ島に攻め入り多くの命を落とすことに。

多くの同士を失ったアシュラ童子は諦めず、九里の廃港に密かに船を集めたり、鬼ヶ島にあるカイドウの屋敷図を手に入れていたりと決戦の日に向けて準備をしていた。

九里最強の怪物

ワノ国の「九里」は悪党達の無法地帯となっており、ワノ国の"癌"といわれていました。光月スキヤキですら手に負えない様子。

そのため、犯罪者は「九里」に逃げ込めばお上の手は届かないとのこと。しかし「九里」で生き残る力がなければ死を待つのみ。それくらい危険な地域だったようです。

その「九里」で最強の怪物といわれていたのが「アシュラ童子」です。光月おでんは「アシュラ童子」を""と表現していました。

「九里」に怪物が住んでいるらしい

アシュラ童子という"鬼”が...!!

出典:ワンピース第962話

光月おでんに敗北するも、勝敗は夜通し丸一日かかる激闘

光月おでんは、悪党達の無法地帯となっていた「九里」に踏み込み、九里最強の男であるアシュラ童子を含む「九里」の悪党達と戦いを始めます。

その戦いは、夜通し続き丸一日かかる大激闘でした。

今全部終わったとこだ...

夜通し

丸一日かかっちまったよ......!!!!

出典:ワンピース第962話

もし「光月おでん」が四皇に匹敵する強さの持ち主であれば、アシュラ童子を含む「九里」の悪党達は相当な強さだったと考えられます。なぜなら丸一日かからないと倒せないくらいの強者揃いだったからです。

ワノ国は鎖国国家であり侍が強すぎるため海軍ですら近寄れないと言われていました。しかし現在のワノ国には、海軍が恐れるような侍はまだ登場していません。

その理由は、四皇「カイドウ」そして将軍"黒炭"「オロチ」にワノ国を支配され、強者達は命を落した、もしくはカイドウの部下になった、囚人として働かされているなどが考えられます。

懸賞金10億ベリーの「ジャック」と渡り合う実力

ワンピース第921話で、アシュラ童子は百獣海賊団大看板"旱害"のジャックと戦っています。

ジャックの話では、百獣海賊団がアシュラ童子(酒天丸)を生かしているのはカイドウが部下にしたがっていることが原因でした。

スポンサーリンク

ジャックの懸賞金は「10億ベリー」です。そのジャック相手に大きな傷を与えていました。戦いは途中で中断してしまいましたが、百獣海賊団大看板"旱害"のジャックと渡り合う実力は、相当な実力者だといえます。

ミンク族"昼の王"「イヌアラシ」と渡り合う実力

アシュラ童子は、ミンク族の"昼の王"「イヌアラシ」とも刀を交えていました。お互い本気ではなかったと思われますが、どちらも譲らず。

その戦いを見ていたキャロットは「イヌアラシ」と互角に戦うアシュラ童子の実力に驚いていました。

イヌアラシ様と互角...

出典:ワンピース第925話

 

イヌアラシは百獣海賊団大看板"旱害"のジャックとも互角に渡り合っていました。

そう考えるとアシュラ童子の実力は「イヌアラシ」や「ジャック」と同等だと考えられます。ただしアシュラ童子の戦闘シーンは、少ししか描かれていないので、「ジャック」よりも強い可能性は十分にあると考えられます。

四皇「カイドウ」が覚えている実力者

ワンピース第922話で、アシュラ童子の姿を目撃したカイドウの台詞「お前を覚えているぞ」

この台詞からも「アシュラ童子」は20年前にカイドウと戦っていた可能性が高そうです。そしてカイドウの印象に残るくらい「アシュラ童子」は強かったといえるのではないでしょうか。

お前を覚えてるぞ...

出典:ワンピース第922話

-ワノ国の侍

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.