シャンクス

【ワンピース】シャンクスの気になる扉絵まとめ

シャンクスの気になる扉絵まとめ

スポンサーリンク

花札の「出来役」から読み取れる「五皇」

シャンクス 花札

出典:ワンピース第862話 扉絵

若かりし「バギー」と「シャンクス」が花札をしている扉絵。

この扉絵で「シャンクス」が持っている花札の出来役が、松・桜・薄(すすき)・桐の20点札を集めた「四光」という役です。

そして、この手札に「桐」を加えると「五光」という役が完成します。

この花札にかけた扉絵から将来的には「四皇」から「五皇」になるというメッセージなのかもしれません。

赤髪海賊団が"ある廃墟した島"で参加した結婚式は誰の結婚式なのか?

シャンクス 結婚式

出典:ワンピース第838話 扉絵

扉絵シリーズ「世界の甲板から 5億の男編」で登場したシャンクス。

この扉絵は「ある荒廃した島での結婚式」というタイトルです。

扉絵に描かれているのは左に「ベン・ベックマン」、中央に「シャンクス」、右に「ロックスター」そして協会の下に腕を上にあげている人物。

この結婚式は誰の結婚式なのか?もしかしたら何かの伏線なのかもしれません。

「光月おでん」と「シャンクス」「バギー」の関係性をあらわす扉絵

光月おでんとシャンクス

出典:ワンピース第581話

マリンフォード頂上戦争が終戦した時の扉絵。(ワンピース第581話)

元ロジャー海賊団の見習いをしていた「シャンクス」と「バギー」がおでんを楽しそうに食べている扉絵です。

この扉絵から「光月おでん」が「シャンクス」そして「バギー」の関係性が読み取れます。

シャンクスの目的はルフィを導く役割?

三日月

出典:ワンピース第28話 扉絵

ワンピースの世界で重要な役割だと考えられる「月」のタイトルが入っている第28話「三日月」の扉絵。麦わらの一味(ルフィ、ゾロ、ナミ)を乗せ、シャンクスが村まで案内している内容です。

 

シャンクスが所有している剣の名前は「グリフォン」

「グリフォン」とは上半身が鷲(あるいは鷹)、下半身がライオンの姿をした伝説上の生物です。

グリフォン

そして、グリフォンの役割は次の2つと言われています。

  • 神々の車を引くこと
  • 黄金を守ること

 

仮にルフィが "Dの一族の王" や "何らかしらの王"だとしたら、第28話の扉絵「三日月」はシャンクスが王を導く役割を持っているというメッセージの可能性もあるかもしれません。

 

 

また、マリンフォード頂上戦争で白ひげが「ロジャーが待っている男は 少なくてもティーチお前じゃねェ」と話していたように、シャンクスは黒ひげのような人物に「ひとつなぎの大秘宝」を見つけさせないための「最後の番人」として魚人島にあったロードポーネグリフを所有しているのではないかと予想しています。

もうすぐ

会えそうだな...

ルフィ

出典:ワンピース第903話

最後の番人である(※予想)シャンクスは「二人の王」が現れるのを待っているのかもしれません。

-シャンクス

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ