超人系(パラミシア)

【悪魔の実図鑑】超人系(パラミシア)「ドクドクの実」

悪魔の実「ドクドクの実」の能力者

超人系(パラミシア)「ドクドクの実」は、インペルダウン監獄署長(2年前)であるマゼランの能力。現在はインペルダウンの副署長を務めている。

インペルダウン編では、元王下七武海「ジンベエ」「クロコダイル」、革命軍幹部「エンポリオ・イワンコフ」「イナズマ」そして現四皇である「黒ひげ」が登場したが、その中でもマゼランの圧倒的な強さが印象的でした。

所長マゼランは 毎日 その日の

およそ10時間程お腹を下し...

お手洗いに籠るのが日課です

睡眠は約8時間取られますので

食事と休憩を差し引いて

勤務時間は4時間程になります

出典:ワンピース『第528話』

マゼランは毒が大好物の為、毎日約10時間お腹を壊しています。睡眠時間もしっかり8時間取るため、食事と休憩を差し引いて、勤務時間はたったの4時間程度といわれています。

スポンサーリンク

「ドクドクの実」は食べると毒人間となり、全身から様々な毒を分泌することが可能です。また毒人間となった能力者に触れるだけでも毒に侵される為、武装色の覇気を纏った攻撃 もしくは 毒が通らない物質などを利用した攻撃(ルフィはMr.3の「ドルドルの実」のロウを利用して攻撃していた※ワンピース第547話)でないと「ドクドクの実」の能力者に触れる事すらできません。

悪魔の実「ドクドクの実」の技

毒竜(ヒドラ)

「ドクドクの実」の毒で、大きな竜を作り出し攻撃する技。

「毒竜(ヒドラ)」によって作り出された毒の竜は、能力者が自在に操る事が出来、まるで竜のように相手に襲い掛かる。また竜の口から飛び出す毒の道(ベノムロード)という移動技もある。

「毒竜(ヒドラ)」の主な使用シーンは以下。

  • ルフィとの戦い(ワンピース第534話)
  • レベル6の囚人達に攻撃(ワンピース第531話)
  • 黒ひげ海賊団に攻撃(ワンピース第544話)

毒ガス弾(クロロボール)

ガムのように毒で風船を作り、相手に向けて作った風船(毒ガス弾)を飛ばす技。この毒ガス弾は爆発し、周囲に「催涙くしゃみガス」をまき散らす。

「毒ガス弾(クロロボール)」の主な使用シーンは以下。

  • ルフィとの戦い(ワンピース第534話)

スポンサーリンク

毒フグ

大きく息を吸い込んだ後、勢いよく「毒液の塊」を吐き出す技。「毒液の塊」は複数飛ばすことが可能であり攻撃範囲も広い。

「毒フグ」の主な使用シーンは以下。

  • ルフィとの戦い(ワンピース第534話)

毒・雲(ドクグモ)

毒の吐息を吐き漏らし、周囲を霧状の毒ガスで包み込む技。

毒の巨兵(ベノムデーモン)「地獄の審判」

インペルダウンそのものを破壊し兼ねない「禁じ手」であり、毒で巨兵を作り出し相手を襲う技。

通常の「ドルドルの実」で作った鉄の硬度を誇るロウは、毒を通さないが、「地獄の審判」はロウだろうと石だとうろ、まるで毒が感染するように広がっていくのが特徴。

「毒の巨兵(ベノムデーモン)」の主な使用シーンは以下。

  • 逃げる囚人達を追いかけるマゼラン(ワンピース第547話)

-超人系(パラミシア)

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.