自然系(ロギア)

【悪魔の実図鑑】自然系(ロギア)「ヌマヌマの実」

投稿日:2019-07-18 更新日:

沼とは

沼と池と湖の違い

「沼」と「池」と「湖」の違いは、実は明確な区別はありません

ただ、以下のような区別で判断しているといわれています。

一つ目の判断は「人工」かどうかです。

「沼」と「湖」は自然にできたモノに対して「池」は人工的に作られたモノが多いのが特徴。

 

二つ目の判断は「深さ」

「沼」は一番深い所でも5メートル以下、「湖」は一番深い所が5メートル以上あるといわれています。

 

その他、一般的なイメージは以下です。

池:人が造ったダムや貯水池など、自然にできたモノでは、地面の窪みに水が溜まった場所のことを池と呼ばれています。

日本では、北海道にある神秘の池といわれているエメラルドブルーに輝く「神の子池」や青で綺麗に輝く「青い池」などが有名な池です。

青い池

北海道上川郡美瑛町白金にある「青い池」

 

沼:天然にできたモノで、水草が多くに生えていて、深さは浅いのが特徴。

日本では、福島県の磐梯山の噴火によってつくられた"見るたびに色が変わる"といわれている美しい湖沼「五色沼湖沼群」などが有名な沼です。

五色沼

福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山にある「五色沼湖沼群」

 

湖:天然にできたモノで、水草があまり生えていない、深さは深いのが特徴。

日本では国内屈指の深度と透明度を誇る「支笏湖」、日本最大の湖として有名な「琵琶湖」などが有名な湖です。

支笏湖

北海道千歳市支笏湖温泉番外地にある「支笏湖」

底なし沼

底なし沼とは、もろい地盤に圧力がかかり崩壊する「流砂」と呼ばれる現象を引き起こす沼のことをいいます。まるで底が無いかのように"もがけばもがくほど"沈んでいってしまうのが特徴。

底なし沼は世界中で確認されており、底なし沼で起きた死亡事故は少なくはなく、非常に危険です。

底なし沼と呼ばれていますが、実際には底なし沼に底はあります。底なし沼の本来の姿は土と見分けのつかない地面です。その為、気づかずに足を踏み入れてしまい、どんどん足元が液体のように変わっていき気づけば沈んでしまうのです。

悪魔の実「ヌマヌマの実」の能力者

カリブー

出典:ワンピース

「ヌマヌマの実」はカリブー海賊団船長"濡れ髪"のカリブーの能力。

「ヌマヌマの実」の特徴は全身を沼にすることができ、まるで「底なし沼」のように相手を体内に引きずり込むことができます。本物の「底なし沼」同様に、もがけばもがくほど沈んでいってしまうのが特徴です。

実際に魚人島編で、人魚たちがカリブーの沼に引きずり込まれていました。

 

体内の沼には、人や物を収納することができ、まるでドラえもんの四次元ポケットのように自在に出し入れが可能です。

 

魚人島での人魚姫が古代兵器「ポセイドン」であることを知ったカリブーの台詞

財宝の山と

人魚姫の秘密を

手土産にすりゃ〜

おれァあの人に必ずや

気に入って貰えるのに

出典:ワンピース『652話』

カリブーが憧れている「ある人」とは、いったい誰のことなのか、この伏線は今後回収されると思われるので楽しみです。

悪魔の実「ヌマヌマの実」の技まとめ

ヌマヌマの機関銃(ガトリングガン)

ヌマヌマの機関銃

出典:ワンピース

沼に隠していたガドリングガンを使って攻撃する技。(ワンピース第652話)

-自然系(ロギア)

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.