動物系(ゾオン)

【悪魔の実図鑑】ゾオン系「ヒトヒトの実」モデルまとめ

投稿日:2019-03-17 更新日:

「ヒトヒトの実」で対象となる生物

「ヒトヒトの実」として対象となる生物は、ヒト科もしくはサル目に分類される生物が対象だと考えられます。動物は分類が複雑なので整理してみます。

ヒト科には「オランウータン」「ゴリラ」「チンパンジー」「人属」などが対象になります。ヒト科には猿が属していません。サル目には猿とヒト科が含まれています。

猿が「サルサルの実」なのか「ヒトヒトの実」なのかは不明ですが、猿も「ヒトヒトの実」の可能性が高いと思っています。本記事では「ヒトヒトの実」の能力はサル目の生物を対象としています。

すでに登場しているゾオン系「ヒトヒトの実」のモデル

ヒトヒトの実 モデル「なし」

ヒトヒトの実チョッパー

出典:ワンピース

ワンピース 16巻139話で悪魔の実の名前が判明。

麦わらの一味船医「トニー・トニー・チョッパー」の能力。トナカイが「ヒトヒトの実」を食べたトナカイ人間になります。

通常の自然系(ゾオン系)は"人型"、”獣型”、”人獣型”の3タイプに変身できるが、チョッパーは「ランブルボール」を食べることで、通常の3形態に加えてさらに4形態、合わせて七段変形することが出来ます。そして2年間の修行で「ランブルボール」を必要とするのは、怪物強化(モンスターポイント)だけとなっています。

怪物強化(モンスターポイント)は2年間の修行で意識を保つことができるようになりました。ただ3分間という制限時間があり、怪物強化(モンスターポイント)使用後はしばらく動けなくなります。

モンスターポイント

出典:ワンピース

ヒトヒトの実”幻獣種"モデル「大仏」

ヒトヒトの実 大仏

出典:ワンピース

ワンピース60巻585話のSBSで悪魔の実の名前が判明。

海軍本部大目付センゴクの能力。大仏の能力がどのような能力なのかは不明。

今後、登場しそうなゾオン系「ヒトヒトの実」のモデル

ヒトヒトの実 モデル「オランウータン」

オラウータン

オランウータンはヒト科オランウータン属に所属する動物になります。

オランウータンは、群れを作らず行動します。なぜなら時間の大半は木の上で過ごし、地上に降りてくることがほとんどないため、外敵に襲われることが少なく、群れで行動する必要がないからと言われています。

オランウータンは人間の5歳児と同程度の知能を持っていると言われており、高い知能を持った動物になります。

ヒトヒトの実 モデル「ゴリラ」

ヒトヒトの実 ゴリラ

ゴリラはヒト科ゴリラ属に分類される動物になります。

ゴリラの種類で最も有名なのがマウンテンゴリラになります。オスゴリラだと身長は約190cm、体重は約220kgと、体のサイズ的にもマウンテンゴリラはゴリラの中では最大級に強いと言われています。

ヒトヒトの実 モデル「チンパンジー」

ヒトヒトの実 モデル「チンパンジー」

チンパンジーはチンパンジー属に所属する動物になります。

チンパンジーは、人に近い遺伝子を持ち、非常に賢いことで知られています。

ヒトヒトの実 モデル「メガネザル」

ヒトヒトの実 モデル「メガネザル」

メガネザルはメガネザル科に分類される動物になります。メガネザルは夜行性で大きな眼が特徴になります。

ヒトヒトの実 モデル「テナガザル」

ヒトヒトの実 モデル「テナガザル」

テナガザルはテナガザル科に所属する動物になります。長い手が特徴的なサルになります。

ヒトヒトの実 モデル「マンドリル」

ヒトヒトの実 モデル「マンドリル」

マンドリンはオナガザル科マンドリル属に所属する動物になります。

ヒトヒトの実の古代種

ヒトヒトの実"古代種"モデル「ギガントピテクス」

史上最大のヒト上科動物といわれている「ギガントピテクス」

約100万年前前後に出現したといわれ中国、インド、ベトナムなどに分布していたと言われています。

絶滅した類人猿ギガントピテクスはかなりの大きさで、化石から身長は3m、体重は500kgほどだったと言われています。

ヒトヒトの実の幻獣種

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「烏天狗(からすてんぐ)」

烏天狗

鳥天狗(からすてんぐ)は、天狗と同じく山伏装束で、鳥のような顔をしており、自在に飛翔することが可能だとされる伝説上の人物。

革命軍の北軍に属する「軍隊長カラス」がこの能力者だと予想しています。

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「鬼」

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「鬼」

鬼は日本の妖怪になります。頭に2本もしくは1本の角があり、こん棒をもった大男と言われています。節分やアニメ・漫画などでも登場する有名な妖怪になります。

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「吸血鬼(ヴァンパイア)」

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「吸血鬼(ヴァンパイア)」

吸血鬼は、民話や伝説などに登場する存在で、狼男やフランケンシュタインの怪物と並び、世界中で知られている怪物になります。

吸血鬼は、一度死んだ人間がなんらかの理由により不死者として蘇ったものと考えられており、人間の生き血を啜り、血を吸われた人も吸血鬼になると言われています。

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「ろくろ首」

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「ろくろ首」

ろくろ首は首が伸びる妖怪になります。

ワンピースではワノ国編、花の都の学校でろくろ首の先生が登場しています。ろくろ首の先生はヒトヒトの実"幻獣種"モデル「ろくろ首」の能力者なのかもしれません。

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「河童(カッパ)」

ヒトヒトの実"幻獣種"モデル「河童(カッパ)」

河童は日本の妖怪になります。または未確認動物とも言われています。

河童は大きさは子供くらいと言われており、頭にお皿が乗っているのが特徴になります。この皿は河童にとって生命線ともいえるもので、割れてしまったり乾いてしまうと力を失うだけでなく、最悪の場合死んでしまうと言われています。

-動物系(ゾオン)

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.