ビッグマムとカイドウが元仲間である事が判明

スポンサーリンク

四皇ビッグマムと四皇カイドウが元仲間である事が判明!!

ビッグマムでかい借り

出典:ワンピース

ワンピース第934話でビッグマムの子供達の会話な中でビッグマムとカイドウが元仲間であることが判明しました。

四皇ビッグマムと四皇カイドウが元仲間であったという事は、どこかの海賊団に所属していた可能性が考えられます。

ワンピース作中で1つだけ二人が所属していた可能性が高そうな海賊団が登場しています。

それは…

 

ロックス海賊団

 

ロックス海賊団とはワンピース第907話で語られた伝説の海賊団になります。

ヒナ「あなたが海軍の”英雄”と呼ばれるゆえん」

 

ガープ「”ロックス”か……!! ヒナ お前 若いのによう知っとるのう

ロジャーの前は間違いなく奴らの時代じゃった!!

しかしもう40年も昔の話 過去は過去じゃ!」

 

ヒナ「船長を失っても力は増しているわ ヒナ心配」

 

ガープ「心配などムダじゃ!! 復活すりゃ脅威じゃが 事件は必ずわしらの想像を超えてゆく」

 

出典:ワンピース『907話』

ヒナの発言から、ガープが海軍の英雄と呼ばれるようになったのは、ロックス海賊団が理由のようです。海軍の英雄と呼ばれるくらいなので、海軍が大ピンチになるくらい大事件をロックス海賊団がおこし、その大事件を解決したのがガープなのかも知れません。

 

またガープの発言より、海賊王ゴール・D・ロジャーの前はロックス海賊団の時代だということが判明しています。そして40年も昔の話である事も判明しています。

 

四皇ビッグマムと四皇カイドウがロックス海賊団の元船員である可能性が高いと考えられる理由は、ヒナの

 

船長は失っても力を増している

 

という発言です。

力を増しているとヒナは言っています。

 

増している

増しているって増えるって意味ですよね。船長がいた40年前より、力が増している…

 

という事は、ガープが海軍の英雄と言われるほどの事件を起こしたであろう40年以上前のロックス海賊団より

現在、残された船員の方が強くなっている

という事が言えるのではないでしょうか。

 

ヒナのセリフより

40年前のロックス海賊団 < 現在の残された船員

の関係性が成り立つはずです。

という事は、ロックス海賊団の元船員で、今も力を増しているのは四皇クラスじゃないと辻褄が合わなくなります。

 

結論

四皇ビッグマム四皇カイドウは

ロックス海賊団の元船員であった!!

と考えられます。

スポンサーリンク

ロックス海賊団にはビッグマムの子供達も乗っていた!?

ビッグマムは昔美人だった

出典:ワンピース『86巻SBS』

ビッグマムの年齢は68歳です。これはワンピース86巻のSBSで判明しています。ロックス海賊団に所属していたのであれば、40年前なのでビッグマムは28歳になります。容姿も今とは違い美人です。

86巻のSBSでちょうど40年前のビッグマムが描かれています。これはロックス海賊団に所属していたと思われる40年間と同じです。もしかしたらこのSBSもビッグマムが元ロックス海賊団所属という伏線なのかもしれません。

ビッグマムがロックス海賊団の元船員だとすると、ビッグマム海賊団の料理長である「シュトロイゼン」も元船員の可能性が高いと考えられます。そしてビッグマムの子供達も、ロックス海賊団の船に乗っていたと考えるのが普通だと思われます。

40年前のビッグマムの子供達の年齢は以下になります。

  • 長男 ペロスペロー 50歳 → 10歳
  • 長女 コンポート 49歳 → 9歳
  • 次男 カタクリ 48歳 → 8歳
  • 3男 ダイフク 48歳 → 8歳
  • 4男 オーブン 48歳 → 8歳
  • 10男 クラッカー 45歳 → 5歳
  • 8女 ブリュレ 43歳 → 3歳

 

ワンピース第930話でビッグマム海賊団がワノ国に侵入しようとした時、カイドウは大慌てでした。大慌てのカイドウはビッグマムだけではなく子供達の事も気にしていました。きっとカイドウはビッグマムだけではなく、ビッグマムの子供達ともロックス海賊団の時に面識があるのではないでしょうか。

そしてカイドウはビッグマムにでかい借りがあり、弱みを握られている感じがします。きっとペロスペローやカタクリ等もその弱みを知っているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ビッグマムの元旦那がロックス海賊団にいても不思議ではない

ビッグマムがロックス海賊団の元船員だったとしたら、ビッグマムは28歳になります。ビッグマムは18歳の時に「長男ペロスペロー」を生んでいます。「次男カタクリ」はビッグマムが20歳の時に生まれています。

ロックス海賊団がどのくらいの年月、海を支配していて、ビッグマムがどのくらいの年月、ロックス海賊団に所属していたのかは不明ですが、ビッグマムの旦那がロックス海賊団にいても不思議ではないと考えられます。

もしかしたらカイドウもビッグマムの元旦那の可能性があるかもしれません。

 

そもそもビッグマムはなぜ、ロックス海賊団の船に乗っていたのか!?それは優秀な旦那の遺伝子をもらうためだったのではないかと予想しています。

ビッグマムがなぜ、これだけの子供を産んでいるかは不明ですが、料理長である「シュトロイゼン」が最強であるビッグマムの遺伝子を沢山残した方が良いと、ビッグマムに知恵を与えた可能性もあると考えられます。

そして、その時代の海を支配していたロックス海賊団に入り、優秀なロックス海賊団の船員との間で沢山の子供を産むことが目的だったのではないでしょうか。そう考えるとカイドウがビッグマムの元旦那であっても不思議ではないと考えられます。

 

もしかしたら、カタクリやクラッカーの父親はロックス海賊団の元船員なのかもしれません。

コメント