考察

【ワンピース】ベガパンクが所属していた研究チームを考察

ベガパンクが所属していた研究チームを考察

ジェルマは代々"科学の国"

・・・・・・父もああ見えて

優秀な科学者だった

おれ達が生まれる前は

海外の無法な研究チームに所属

かのDr.ベガパンクと共に

兵器の研究をしていた

出典:ワンピース第840話

ヴィンスモーク・ヨンジの話では、ヴィンスモーク・ジャッジは昔、ベガパンクと共に海外の無法な研究チームに所属していた事実が明らかになっています。

世界政府は、この研究チームを危険視してベガパンクを逮捕。研究チームは、政府に買収されています。

本記事では、ベガパンクが所属していた研究チームについて考察しています。

スポンサーリンク

ベガパンクと共に研究チームに所属していたメンバー

ベガパンク

海軍科学班トップで、世界最大の頭脳を持つ男と言われている人物。未だに本格的な登場はしておらず、素顔も判明していません。

ベガパンクの主な研究成果は以下です。

ベガパンクの研究成果 備考
悪魔の実の伝達条件 物に悪魔の実を喰わせる新技術
海軍の軍艦 海軍の軍艦には海楼石が敷き詰められている。海楼石は海と同じエネルギーを発しているため、海王類は軍艦に気づかない。
血統因子の発見 「生命の設計図」といえる血統因子の発見。シーザーの
SMILEやジェルマのクローン兵はこの血統因子を使っている。
パシフィスタ バーソロミュー・くまをモデルとしたサイボーグ。
人工生物 パンクハザードの竜。

ヴィンスモーク・ジャッジ

ジェルマ王国国王でジェルマ66総帥。

昔は、ベガパンクと共に海外の無法な研究チームに所属。

研究チームは、政府に買収されたがジャッジは政府の手から逃れ一人「ジェルマ」で研究(「命」のコピーと「改造」の研究)を続け、複製兵(クローン兵)を作ることに成功しています。

これまでに登場したその他の科学者

シーザー・クラウン

元世界政府 海軍科学班員であり、Dr.ベガパンクがいる科学班のNo.2として働いていた過去を持つ。

パンクハザードで使った殺戮兵器"シノクニ"や、ゾウに住むミンク族を苦しめた殺戮兵器"KORO"(コロ)などの殺戮兵器を作ることを得意としています。

また、ベガパンクが発見した「血統因子」を応用して、人造悪魔の実である「SMILE」(スマイル)を作り出すなど、科学者としての能力は一流です。

ツキミ博士

エネルのスペース大作戦Vol.17

出典:ワンピース エネルのスペース大作戦Vol.17 『走馬灯-カラクリ島で生まれたあの日-』

エネルのスペース大作戦Vol.17 『走馬灯-カラクリ島で生まれたあの日-』で登場した月見大好き「ツキミ博士」。

ロボットを作る程の高度な技術の持ち主。エネルのスペース大作戦Vol.33 『古代都市にほとばしるエネルギー』で、ツキミ博士が作ったロボットと似ているロボットが月に眠っており、月とは何らかしらの関係がありそうな人物です。

また、ベガパンクの故郷「未来国バルジモア」は「からくり島」に存在する国です。ツキミ博士がロボットを作った「カラクリ島」とベガパンクの故郷「からくり島」は、カタカナとひらがなの差はあるものの同じ名前の島です。

もしかしたら、ベガパンクとの繋がり(先祖?)もあるかもしれません。

百獣海賊団大看板クイーン

物作りが大好きで、特に「カラクリ武器」や「病原体(ウイルス)」作りを趣味としています。

ただ、クイーンが作る病原体(ウイルス)は、趣味のレベルを超えているので、もしかしたらクイーンも元科学者なのかもしれません。

氷鬼

出典:ワンピース第993話

奇病「ミイラ」や最高傑作"疫災弾"「氷鬼」などは、人に感染していく恐ろしい病原体です。

ベガパンクが過去に所属していた、海外の無法な研究チームは「兵器の研究」をしていたらしいので、ベガパンクやジャッジと同じチームにクイーンも所属していたという可能性はあるかもしれません。

-考察
-, ,

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ