考察

【ワンピース考察】ヤマトの能力を予想

ヤマトの能力を予想

ワンピース第1019話で、ヤマトの人獣型が登場しました。まだ悪魔の実の名前は明らかになっていませんが、カイドウが苦労して手に入れた実とのことです。(ヤマトに食べさせるつもりではなかったが、お腹すいていたヤマトが勝手に食べたようです)

第1019話で登場したヤマトの人獣型の特徴は以下です。

  • 「ガルルル」という鳴き声
  • トラのような2本の牙
  • 犬や猫のような鼻
  • 細長い耳
  • 2本の角
  • 後ろになびく長い髪
  • ミンク族(ワンダやキャロット)のような体
  • 炎?のようなものを纏っているようにも見える

本記事では、ヤマトの能力について考察しています。

スポンサーリンク

【予想1】ウシウシの実(ウオウオの実)幻獣種 モデル 麒麟

中国神話に現れる伝説上の動物(瑞獣)の一種。

伝説上の麒麟に似た実在の動物も「麒麟」(キリン)と呼ぶので、すでに登場している元CP9カクの能力である「ウシウシの実 モデル 麒麟」から、ウシウシの実だと考えられますが、伝説上の麒麟は体に鱗があるのが特徴です。

そう考えるとウオウオの実 幻獣種 モデル 麒麟の方がしっくりくるかもしれません。

特徴 考察
「ガルルル」という鳴き声 ×:ガルルルとは鳴かない気がする
トラのような2本の牙 △:顔は龍に似ているのが特徴なので、2本の牙ではない気がする
犬や猫のような鼻 ×:顔は龍に似ているのが特徴なので違う
細長い耳 〇:麒麟の耳は細長い
2本の角 〇:角はある
後ろになびく長い髪 △:麒麟のイメージ絵によってはある
ミンク族(ワンダやキャロット)のような体 ×:麒麟の体には鱗がある(カイドウの人獣型には鱗がある)
炎?のようなものを纏っているようにも見える △:麒麟のイメージ絵によってはある

麒麟の体には鱗があるのが特徴です。

ヤマトが人獣型には、鱗はなくミンク族(ワンダやキャロット)のような体なので、幻獣種 麒麟の可能性は低そうです。

【予想2】イヌイヌの実 幻獣種 モデル フェンリル

北欧神話に登場する狼の姿をした巨大な怪物。神々に災いをもたらすと予言されていたため、鉄の鎖で拘束されていたとのこと。

ヤマトも手錠で拘束されていたので、共通点はありそうです。

特徴 考察
「ガルルル」という鳴き声 ◯:ガルルルと鳴く
トラのような2本の牙 ◯:狼には2本の牙がある
犬や猫のような鼻 ◯:狼は犬科
細長い耳 △:ワンダの耳は細長いので狼も細長い?
2本の角 ×:角はない
後ろになびく長い髪 △:フェンリルのイメージ絵によってはある
ミンク族(ワンダやキャロット)のような体 ◯:狼は犬科
炎?のようなものを纏っているようにも見える △:フェンリルのイメージ絵によってはある

モデルフェンリルかはわかりませんが、ヤマトの人獣型はミンク族のような体をしていたので、イヌイヌの実の幻獣種はあると思っています。

【予想3】ネコネコの実 幻獣種 モデル 白虎

中国の伝説上の神獣である四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)の1つで、西方を守護する神獣。

特徴 考察
「ガルルル」という鳴き声 ◯:ガルルルと鳴く
トラのような2本の牙 ◯:トラには2本の牙がある
犬や猫のような鼻 ◯:トラはネコ科
細長い耳 ×:トラの耳は丸い
2本の角 ×:角はない
後ろになびく長い髪 △:白虎にそのイメージはない。不明
ミンク族(ワンダやキャロット)のような体 ◯:トラはネコ科
炎?のようなものを纏っているようにも見える △:不明

カン十郎が書いた絵「りゅーのすけ」と「虎三郎」や龍虎という言葉、2本の牙、ガルルルという鳴き声、ヤマトの白い髪色から白虎の可能性は高いと予想していましたが、ヤマトの人獣型は耳が細長く、トラの耳には見えません。

ただ、ネコネコの実の幻獣種の可能性はあると思っています。

【予想4】イヌイヌの実 幻獣種 モデル 天狐

中国および日本に伝わる神獣、または妖獣。

狐が霊力を得たものであると考えられています。

特徴 考察
「ガルルル」という鳴き声 ×:狐はガルルルとは鳴かない
トラのような2本の牙 ◯:牙はある
犬や猫のような鼻 ◯:狐は犬科
細長い耳 〇:狐の耳は細長い
2本の角 ×:角はない
後ろになびく長い髪 △:不明
ミンク族(ワンダやキャロット)のような体 ◯:狐は犬科
炎?のようなものを纏っているようにも見える △:不明

終わりに

ヤマトの能力について考察してみました。

カイドウが苦労して手に入れたと話しているので、珍しい実であると考えられます。

そうなると幻獣種の可能性が高そうです。

また、ヤマトの人獣型はワンダやキャロットのような体のように見えるので、イヌイヌの実やネコネコの実の幻獣種ではないかと予想しています。

今後の展開が楽しみです。

-考察
-