ネタバレ

ワンピース ネタバレ 第949話「ミイラ」考察

投稿日:

ワンピース 第949話「ミイラ」考察 ※ネタバレ注意

ワンピース第949話の感想そして考察になります。

単行本派の方はネタバレにご注意ください。

奇病「ミイラ」

ミイラ

"疫災"の異名を持つ大看板クイーンが作った傑作の一つである奇病「ミイラ」

奇病「ミイラ」に感染すると「焼けるような痛み」「噴き出す血液」そして感染者達の成れの果ては、まるでゾンビのように干からび腐ったような姿になる事が判明しました。

その感染力は恐ろしく、触れるだけで感染してしまいます。

 

クイーンはビッグマムにビビり、パニックになり首輪が外れたルフィ達をそのまま放置した訳ではありませんでした。

部下達にはクイーンが作った兵器があるので、負けることはないと考え、クイーンはビッグマムを「鬼ヶ島へ」運ぶことを優先したのだと考えられます。

 

また、これまでのクイーンの余裕は、クイーンが作った病原体(ウイルス)で、いつでもルフィ達を倒す事ができるという気持ちがあったからだと思われます。

クイーンは科学者である??

ワンピース第949話で登場した病原体(ウイルス)は、相当脅威なウイルスになります。触れただけで、まるでゾンビのような姿に変えてしまう病原体(ウイルス)

この病原体(ウイルス)は、物作りが好きなクイーンが作った事が判明しています。

クイーン様はモノ作りが大好きな方!!

「カラクリ武器」や「病原体(ウイルス)」作りが趣味!!

出典:ワンピース『第948話』

ドフラミンゴ経由でシーザーにウイルスを作らせた訳ではなく、一からクイーンが作っているのであれば、クイーンは科学者並みの知識があるのかもしれません。

ルフィは奇病「ミイラ」に感染するのか!?

クイーンが作った奇病「ミイラ」に次々と感染する囚人達。

感染した「ミイラ」に囲まれ絶体絶命の状態で、ルフィは自ら「ミイラ」に感染した囚人達に触れ、囚人達を説得します。

囚人達に触れることで、ルフィも「ミイラ」に感染していると思われるが、ルフィは過去に「ドクドクの実」の能力者であるマゼランに、「クロロボール(毒ガス弾)」「マゼランの体表の毒」「毒竜(ヒドラ)」「毒・雲(ドクグモ)」と重複する猛毒を受け、死の淵をさまよってい、その後、イワンコフの「治癒ホルモン」により猛毒と戦える体に改造されています。

ヴァターシは麦わらボーイの潜在するナブル

"免疫力"を過剰に引き出し

猛毒と戦える体に改造したわけ

出典:ワンピース『第538話』

 

その結果、猛毒に免疫ができたルフィにはシーザーの毒ガスは、まったく効きませんでした

シーザー毒

出典:ワンピース

 

囚人達に触れることで、ルフィも「ミイラ」に感染したと思われますが、猛毒に免疫のあるルフィには効かないと考えられます。

もしくは、流石のルフィも多少のダメージを受け、チョッパーによる治療で鬼ヶ島までの間、休養するパターンもあるかもしれません。

キッドは今後どう動く

ワンピース第949話で「ユースタス・キッド」と「キラー」も解放されています。キラーはスマイルにより感情が崩壊。キッドは、そんなキラーの姿を見て激しく動揺していました。

キッドとキラーは、結果ルフィ達に助けられた形になったので、キッドが今後どう動くのかは気になる所です。

 

百獣海賊団 大看板「キング」の炎には、炎を斬る「錦えもん」

狐火の錦えもん

出典:ワンピース

 

百獣海賊団 大看板 クイーンの「カラクリ武器」には、磁気を操るであろう「ユースタス・キッド」

磁気を操るキッド

出典:ワンピース

が対戦の相性としては、良さそうな気がしています。

終わりに

ワノ国兎丼の囚人達を解放することで、一気に同志が増えることが予想されます。

また「ユースタス・キッド」や「バジル・ホーキンス」、「スクラッチメン・アプー」「X・ドレーク」といった最悪の世代とも一時的に協力関係になることも考えらえます。

そしてビッグマムが連れ去られたビッグマム海賊団とも一時的な協力関係になる可能性もありそうです。

もしかしたら「四皇カイドウ」「将軍オロチ」 VS 「ワノ国の侍」「麦わらの一味」「ビッグマム海賊団」「最悪の世代」の連合軍という全面戦争になる可能性もあるのではないでしょうか。

 

今後の展開が楽しみです。

-ネタバレ

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.