最新話 感想

ワンピース最新話 第1000話"麦わらのルフィ"感想

ワンピース 第1000話 "麦わらのルフィ" 感想

ワンピース第1000話"麦わらのルフィ"の感想です。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

マルコはキングとクイーンを足止め

元白ひげ海賊団1番隊隊長「不死鳥マルコ」は、百獣海賊団大看板「火災のキング」と「疫災のクイーン」の攻撃を受けながらも、ゾロを屋上へ蹴り飛ばすことに成功しています。

くそ・・・!!

無敵かよ

何だコイツの能力!!

出典:ワンピース第1000話

クイーンの台詞から、過去にマルコとは戦ったことがなかったのかもしれません。

D:はじめまして尾田先生。

前巻57巻を読んで思ったんですけど、

「不死鳥マルコ」の"動物系「幻獣種」"と

「火拳のエース」の"メラメラの実"の

違いがイマイチよく分かりません。

 

O:はい。でしょうねー。今回の戦争は、

説明をことごとく省いて、

テンポ重視でギュンギュン進めてますのでね。

マルコの能力を今はちょっとだけお教えしますと、

彼は動物系ですから、実体があります。

でも"復活の青い炎"によって

傷を再生できる不死鳥の能力により、

攻撃を無効にできるのです(再生に限界あり)。

つまり、再生のための炎です。

この青い炎には実は燃え広がったり、高熱だったりという、

本来の炎の持つ特性はありません。

エースの炎とはまったく違うんです。

いずれ本編でふれるかも知れませんので、今はここまで。

出典:ワンピース第58巻SBS

58巻のSBSでマルコの能力について説明がある通り、再生に限界があるとはいえ攻撃を無効にする不死鳥の能力は、百獣海賊団の大看板2人相手でも止めることはできないようです。

マルコはあくまでもサポートに徹して四皇とは戦わないのかな?

ルフィの"夢の果て"

ヤマトと相当馬が合ったのか、お酒を飲んだ勢いなのか、エースはヤマトに対してルフィの"夢の果て"について話します。

エースは「口が滑った!!うっかり喋っちまった!!」「絶対に笑うな!!」「他人には笑わせねェ!!おれ達は信じてんだ!!」と語ります。

ルフィの夢の果て

出典:ワンピース第585話

 

ただ、光月おでんの航海日誌を読んでいた、ヤマトは笑うどころか「それは"海賊王"が言った言葉だ」と涙します。

「"海賊王"が言った言葉だ」というのは、ヤマトの心の中だけで、エースには"偉大な男"と表現して話していました。

この時、ルフィの"夢の果て"とゴール・D・ロジャーの"夢の果て"が同じというのをエースが知っていれば、父親に対する考え方が少しは変わっていたかもしれません。

夢の果て

出典:ワンピース第506話

 

海賊王ゴール・D・ロジャーと、モンキー・D・ルフィの"夢の果て"とはいったい?

次の時代を担う強力な海賊達

ヤマトの話では、光月おでんの航海日誌に、20年以上先の未来に次の時代を担う強力な海賊達がワノ国にやってくると書かれていたようです。

ヤマトは当時、エースが次の時代を担う強力な海賊達を連れてくると信じていたが、エースが死亡したことを知り、ロジャーと同じ"夢の果て"を持つエースの弟を思い出し、ルフィがワノ国の現れた時、確信したようでした。

スポンサーリンク

ラフテルでジョイボーイの宝を見つけた後の航海での光月おでんの台詞。

国に残した優秀な家臣らと共に!!

「ワノ国」を開国し!!

20年以上先の!!

"未来"を待つとしよう!!!

出典:ワンピース第958話

この台詞から、ラフテルに到着し世界の全てを知った光月おでんは、20年以上先に時代を変える人物が現れることを確信しているように感じます。

また、その人物は

ワノ国を開国し!!20年以上先の!!"未来"を待つとしよう!!!」

「"ジョイボーイ"が現れる日までに"開国"せねば......!!」

とあることから、"ジョイボーイ"なのかもしれません?そうなるとルフィが"ジョイボーイ"?

今までは この"鎖国"に意味があった...!!

だがいつか

"ジョイボーイ"が現れる日までに

"開国"せねば......!!

出典:ワンピース第968話

「ワノ国」は

いや...世界はある人物を待っている.........!!

その者が800年の時を超え現れた時

迎え入れ協力できる

国でなきゃならぬ

出典:ワンピース第972話

 

ジョイボーイは、"空白の100年"に実在した地上の人物です。そして"約束の舟"ノアはジョイボーイとの約束で使われる舟です。

海王類が話す2人の王や、そのうちの1人である「しらほし」の元に現れる「その力を正しく導く者」、"ジョイボーイ"が誰なのかが明らかになれば、この辺りの話も繋がってくるかもしれません。

海王類と話せる人魚...

つまり

しらほしの元には

いつか その力を正しく導く者が現れ...

そしてその時

世界には大きな変化が訪れる...!!

という言い伝え

出典:ワンピース第626話

四皇 VS 新時代の海賊

最後は

四皇「カイドウ」

四皇「ビッグ・マム」

最悪の世代である

「モンキー・D・ルフィ」

「ロロノア・ゾロ」

「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」

「ユースタス・キッド」

「キラー」

 

そして、ルフィの「業火拳銃」(レッドロック)が炸裂し、カイドウが殴り倒され、それを見たビッグマムが驚くシーンで終わります。

ルフィは、レイリーや光月おでんが習得していた"内部から破壊する" 武装色の覇気が使えるので、カイドウにダメージを与えることができると考えられますが、ゾロやロー、キッド、キラーがどこまで戦えるのか見物です。

早く続きが読みたい!!!

-最新話 感想

© 2021 ワンピース考察/伏線/ネタバレ