最新話 感想

ワンピース最新話 第1003話"盤上の夜"感想

ワンピース第1003話 "盤上の夜" 感想

ワンピース第1003話"盤上の夜"の感想です。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

"ギア4"で怒涛の攻撃するも、覇気がなくなるルフィ

"ギア4"の姿でカイドウに怒涛の攻撃を仕掛けるルフィ。カイドウに次々とクリーンヒットさせ、その攻撃にビッグマムも驚いています。

しかし、ルフィの"ギア4"は大量の覇気を使うため、覇気がなくなったルフィは、ドフラミンゴ戦同様に覇気を失いヘロヘロ状態に。

その後、カイドウは普通に立ち上がり「龍巻」(たつまき)という技を使っているので、ルフィの攻撃に対しカイドウはそこまでダメージを受けている感じではなさそうです。

 

やはりカイドウを倒すには、もうワンランクレベルアップが必要なのかもしれません。"ギア5"の登場があるのか、気になるところです。

雷によるダメージを受けても普通にたっているゾロ達

前回の第1002話で、ビッグマムの雷攻撃によりダメージを受けたゾロ達(ルフィはゴムだから効かなかった)ですが、第1003話では普通に立っています。

ビッグマムの雷と、エネルの雷の威力(電圧)がどのくらい違うのかにもよりますが、空島編では、エネルの雷で大ダメージを受けていたゾロの大きな成長が見られたシーンでした。

ただし、エネルは最大「2億ボルト」の電圧を扱っていました。さすがにビッグマムの雷はそこまでの電圧を扱うことはできないと思うので、単純に比較はできなさそうですが。

エネル雷神

出典:ワンピース第298話

カイドウを斬る「黒縄大龍巻」(こくじょうおおたつまき)

カイドウが放った「龍巻」(たつまき)という技で、吹き飛ばされたルフィを食べるカイドウ。

そのカイドウに対し、ゾロは「黒縄大龍巻」(こくじょうおおたつまき)という技で、カイドウの鱗を斬ります

あの刀が異様な覇気の正体は!!

出典:ワンピース第1003話

アァ効くぜ

そうか・・・

あれはおでんの刀だな・・・!?

出典:ワンピース第1003話

カイドウの台詞から、ゾロが使っている「閻魔」にはおでんの覇気が残っていることが分かります。

「閻魔」は持ち主の覇気を吸い取る妖刀です。

 

ゾロがカイドウを斬ることができたのは、おでんの覇気が残っていたからなのかもしれません。

世界最強の諜報機関「CP-0」の登場

鬼ヶ島の宴には、世界最強の諜報機関「CP‐0」(サイファーポール"イージス"ゼロ)も招かれたいたようです。

やれやれ・・・・・・

取り引き相手が死に・・・

出典:ワンピース第1003話

「CP‐0」の言葉から「CP-0」が取り引きしていた「黒炭オロチ」の死亡は確定と考えてよさそうです。

ヘビヘビの実 幻獣種 モデル「八岐大蛇」がどんな能力だったのか、披露されなかったのは残念でしたが、今後、他のキャラクターが「八岐大蛇」の能力者として登場する可能性もあると思っています。

 

そして、最後の「できるだけ潰し合ってくれ・・・海賊の諸君」という台詞。戦いの最後に海軍が現れる展開は十分にありえそうです。

ルフィの覇気が戻るまでどう戦うのか

最後のシーンは、青龍の能力者であるカイドウの人獣型が登場(ただしシルエット)。そして、ビッグマムと共に「楽しい」と話しているシーンで終わります。

"ギア4"で覇気を使いきったルフィは、ドレスローザ編では、覇気が元に戻るまで10分かかりました。

ゾロがカイドウを斬れるとはいえ、カイドウとビッグマム相手に、ルフィの覇気が戻るまでどうやって戦うのか見物です。

-最新話 感想

© 2021 ワンピース考察/伏線/ネタバレ