海軍本部

海軍本部"元帥"赤犬(サカズキ)の強さを考察

投稿日:2019-06-20 更新日:

赤犬

出典:ワンピース

海軍本部"元帥"赤犬(サカズキ)

海軍本部元元帥「センゴク」が元帥の座を降りた後に、元帥の座をかけて元海軍本部大将「青キジ(クザン)」とパンクハザードでの決闘の末、勝利し元帥になった赤犬(サカズキ)

自然系(ロギア)悪魔の実である「マグマグの実」の能力者になります。

本記事では、海軍のトップに君臨する「赤犬(サカズキ)」の強さについて考察してみました。

海軍本部"元帥"赤犬(サカズキ)の強さを考察

徹底した正義

22年前ロビンの故郷である「オハラ」にバスターコールがかけられ、島は焼き尽くされてしまいました。

当時、海軍本部中将だった「サカズキ」は、考古学者以外の罪のない人達が乗っていた避難船を攻撃し、罪のない住民も結局は殺されてしまいました。

やるんなら徹底的にだ...!!!

万が一あの船に学者が一人でも潜んでいたら

今回の犠牲の全てが無駄になる...!!

“悪”は可能性から根絶やしにせねばならん!!!

出典:ワンピース

「サカズキ」の言い分は正論なのかもしれませんが、そこまでやるのか、これでは、まるで海軍の方が悪魔のように感じるシーンでした。

「サカズキ」が考える“正義”を貫くためには、犠牲者が出ても仕方がない。そういう信念を持っている人物になります。

 

赤犬

出典:ワンピース

頂上決戦の時の「サカズキ」はまるで赤い悪魔のようでした。

 

海軍本部元帥 赤犬「サカズキ」の強さはこの徹底した正義だと感じています。

「サカズキ」が考える“悪”を倒すことに全く迷いがないのです。

炎を焼き尽くすマグマの力

お前はただの“火”わしは火を焼き尽くす“マグマ”じゃ!!

わしと貴様の能力は完全に上下関係にある!!!

出典:ワンピース

赤犬「サカズキ」の台詞から、“マグマグの実”は“メラメラの実”の上位互換の能力であることが判明しています。

ただマグマの温度は800~1200℃といわれ、温度だけを考えると炎もたいして変わりません。むしろ炎の方が場合によっては高いのです。

ではなぜ、マグマが炎を焼き尽くすのか?

それはマグマの場合は、全体がその温度を持っています。炎は部分部分で温度がだいぶ変わります。エネルギーで考えると炎よりマグマの方が圧倒的なエネルギーを持っているからだと予想しています。

青キジとの死闘

頂上決戦の後、元帥の座をかけて元海軍本部大将青キジ「クザン」と戦います。

10日間という長期戦の結果、赤犬「サカズキ」が勝利しています。

戦場となったパンクハザードの気候を変えてしまう程の激闘だったと言われています。

四皇と赤犬はどちらが強い?

赤犬「サカズキ」はどのくらいの強さなのでしょうか。

四皇も海軍も全面戦争を行わない所を考えると、力は均衡しているのかもしれません。

まるで"皇帝"の様に君臨するそやつらを

世に「四皇」と呼ぶ!!!

この四人を食い止める力として

「海軍本部」そして「王下七武海」が並ぶ!!

この"三大勢力"がバランスを失うと世界の平穏は崩れるという程の巨大な力

出典:ワンピース

 

新世界で黒ひげはボニーを捕まえ、ボニーを差し出す代わりに軍艦を要求します。

ボニーはなぜ黒ひげに捕まった?

出典:ワンピース

しかし登場した軍艦には海軍大将「赤犬」が乗っていました。

黒ひげは「まだ早い」といい赤犬とは戦わずボニーを置いて逃走しています。

 

四皇まで上り詰めた黒ひげでも、赤犬との戦いには躊躇していました。

それくらい赤犬は強いのだと考えられます。

そう考えると、赤犬は四皇クラスの実力者であり、もしかしたら四皇よりも強い可能性もあるかもしれません。

-海軍本部

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.