ネタバレ

【ワンピース考察】第961話「山の神事件」感想

第961話「山の神事件」

ワンピース感想

ワンピース第961話の感想そして考察です。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

巨大な"山の神"が都を襲う

錦えもんが盗んだ"白猪"を奪い返すために、"山の神"と呼ばれる巨大な猪が村を襲い、その大きさは、まるで山のような大きさで次々に人が家ごと食べられてきます

"山の神"が人里に下りてくる時は、唯一子供を攫われた時のようで、遥か昔にも同じような事件が起きていたが、単なる迷信と思う物達も多いらしい。

お祓い師のような人物曰く、小さな"白猪”を探し出して山へ返さなければ都は壊滅してしまうとのこと。

お鶴が"山の神"に食べられてしまう

"白猪"を最初に誘拐した誘拐犯が、大慌てで錦えもんを探し、早く"白猪"を山に返せと説得します。誘拐犯曰く、仲間の二人とお鶴が"山の神"に食べられてしまったようです。

"山の神"は"白猪"の匂いで場所がわかるらしく、誘拐犯の服ついた"白猪"の匂いでが原因で襲われ食べられてしまいました。

誘拐犯は"白猪"を奪い取った錦えもんに「全部お前のせいだ!!!」と言い寄ります。

お鶴を奪い返すために、命を懸けて"山の神"と戦う

お鶴が"山の神"に食べられたことを聞いた錦えもんは、"山の神"からお鶴を奪い返すために命がけで戦います

スポンサーリンク

そしてお鶴との思いでの回想シーン。

  • 錦えもんの盗みをしバレた時 → お鶴がお金を立て替え助けていた
  • ヤクザに追われている日々 → いつか死んでしまうよと心配

 

"山の神"に刀で何度も攻撃するも、まったく歯が立たず。

それを見ていた光月おでんは「根性あるな」と感心ていました。

 

そして「自分のせいでお鶴が死ぬなら、おれも死にたい」と死を覚悟。そんな時、光月おでんが"白猪"を抱え「お前の探し物はコイツじゃねぇのか」と"山の神"をおびき寄せます。

光月おでんの強さが圧巻

山くらいの大きさがある"山の神"。錦えもんですら全く歯が立たなかった相手です。

それを「光月おでん」は

おでん二刀流

 

"桃源(とうげん)"

 

"白滝(しらたき)"

 

という技で"山の神"を真っ二つに切り裂いてしまいます

 

もちろん刀は「天羽々斬」と「閻魔

侍
ワンピース考察「天羽々斬」と「閻魔」が大業物であることが判明

目次1 「天羽々斬」と「閻魔」が大業物であることが判明1.1 現在登場している業物まとめ1.2 大業物「閻魔(えんま)」1.3 大業物「天羽々斬(あめのはばきり)」 「天羽々斬」と「閻魔」が大業物であ ...

続きを見る

 

花のヒョウ五郎も"山の神"を何とかしようと、子分を引き連れ刀を持っていましたが、光月おでんの活躍を見て「大した奴だ、帰るぞ」と帰っていきました。

光月おでん18歳「山の神事件」

この事件は"山の神事件"と呼ばれ光月おでん18歳の時の出来事でした。

ちなみに丸飲みされた家や人は、そのまま猪の胃の中で、もう一つの町を作っていたとかいなかったとかで、奇跡的に人命に関しては事なきを得たらしい。

 

これまでに紹介された「光月おでん」の事件は以下です。

年齢 事件
0歳 乳母を投げ飛ばす
2歳 うさぎを2羽同時に捕獲する俊足を披露
4歳 大岩を投げて熊を撃破
6歳 遊郭へ入りびたり城の金を使い込む
8歳 酒の勢いで博徒達を相手に大喧嘩
9歳 ヤクザ達のブラックリストに載り、賭場を出入り禁止
10歳 ヤクザと抗争、暴行障害で逮捕される。囚人として石工の棟梁までのぼり詰める
14歳 井戸が枯れ苦しむ人々の為、川を曲げて都に水を流し込む
15歳 夜な夜な都の女を攫いハーレムを築き上げた結果、それに怒り立ち上がった女達の「恋人」「夫」「親」そして「加勢する屈強な侍」達との戦い"ハーレムの乱"を起こす
18歳 山の神事件を起こす

「錦えもん」と「傳ジロー」は光月おでんの弟子に

山の神事件で命を助けられた「錦えもん」は、「あの人の為なら死ねる!!」と光月おでんに惚れ込んでいました

そして、元々光月おでんの大ファンだった「傳ジロー」と共に光月おでんに弟子入りします。

ちなみに傳ジロー曰く、光月おでんは「すべての愚かな大人たちを見下すおれが、唯一尊敬する男」という理由で光月おでんを尊敬しているようです。

 

都には、実は「錦えもん」や「傳ジロー」のように光月おでんに付いていきたいと思っている侍は多く皆その気持ちを堪えていました。

「光月スキヤキ」と絶縁になり都を追放され、霜月康イエのもとへ

山の神事件の後、「光月おでん」は父親である「光月スキヤキ」から絶縁を言い渡され都を追放されます。

しかし「光月おでん」は「絶縁上等」とポジティブ。そして「白舞」にいる「霜月康イエ」の元を訪ねます

 

そして「霜月康イエ」の新入りのコマ使いとして、ついに黒炭オロチが登場

スポンサーリンク

第961話「山の神事件」感想

「光月おでん」の強さは四皇クラス!?

第961話は、光月おでんの規格外の強さが紹介された回でした。

どのくらいの強さかは分かりませんが、四皇クラスの強さである可能性が高そうです。

 

なぜなら、ワノ国は侍が強すぎて海軍ですら近寄れない鎖国国家といわれている国です。その国の中でも桁違いの実力の持ち主である「光月おでん」が四皇クラスの実力がなければ成り立たないと思われるからです。

 

このあと、白ひげ海賊団の隊長を務めたり、ロジャー海賊団にスカウトされる流れのはずです。どのような経緯だったのか、今後の展開が楽しみです。

ついに黒炭オロチが登場

霜月康イエのコマ使い(身の回りの雑用をする人)として登場した「黒炭オロチ」

この時から、ワノ国を乗っ取ろうとして計画していたのか!?

四皇「カイドウ」と繋がったのは、いつからなのか!?

 

「黒炭オロチ」がコマ使いからどうやって将軍の座まで上り詰めたのか、こちらも今後の展開が楽しみです。

-ネタバレ

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.