考察

【ワンピース】パンクハザードとカイドウの関連性を考察

2020-02-01

パンクハザードとカイドウの関連性を考察

パンクハザードは元々、政府の科学者「ベガパンク」の研究施設です。

ここは元々政府の科学者

ベガパンクの実験施設で

"兵器" "薬物"の開発と実験が

繰り返されていた場所だ

島にゃあ監獄代わりに

一部の囚人達が連れてこられて

モルモットの様に「人体実験」されていたらしい......!!

出典:ワンピース第664話

本記事では、パンクハザードとカイドウの関連性について考察しています。

スポンサーリンク

パンクハザード入口のマークはカイドウを表している!?

パンクハザード入り口のマーク

出典:ワンピース第655話

パンクハザードの入口には、世界政府と海軍のマークが、そしてもう一つ意味深なマークが。二つの角が生えたマークです。四皇「カイドウ」の百獣海賊団の海賊旗に少し似ていますが違います。

また、スリラーバーク編で登場した「国引きオーズ」にも似ているように見えます。

パンクハザードは"記録指針(ログポース)"が示さない島

グランドラインにある島には磁気があり、"記録指針(ログポース)"により航海するのが普通です。

しかし、パンクハザードは"記録指針(ログポース)"が示さない島なのです。

この島を"記録指針(ログポース)"が

示さないというのも

ひっかかるわね

出典:ワンピース第665話

なぜ、"記録指針(ログポース)"が示さないのでしょうか。

 

"記録指針(ログポース)"が示さないため、「トラファルガー・ロー」もパンクハザードに辿り着くのに苦労したようです。きっとローが王下七武海に加盟した理由の一つは、パンクハザードに辿り着くことだったのではないでしょうか。

記録(ログ)のとれねェ

この島に来るのも苦労した

元政府の秘密施設だからな...

出典:ワンピース第666話

世界政府は人の巨大化の研究を推進している

"人の巨大化"ってのは

何百年も前から

推進されている

「世界政府」の研究だ

出典:ワンピース第668話

世界政府は何百年も前から"人の巨大化"の研究を推進しています。

 

うわ巨人!?

いや巨人より

でけェぞ

出典:ワンピース第655話

氷漬けの巨人

出典:ワンピース第660話

そしてパンクハザード編では、巨大なガイコツや氷漬けの巨人が登場しています。

氷漬けの巨人は囚人の服を着ているので、世界政府が推進する"人の巨大化"研究のためのモルモットとして、冷凍保存されていた可能性があると考えられます。

数百年前から推進され、未だに実現できていない「人体の巨大化」、研究する為には大量の巨人族の囚人が必要です。そういえばインペルダウンには、巨人族はほとんどいませんでした。登場した巨人は黒ひげ海賊団の仲間になった「サンファン・ウルフ」くらいです。

そう考えると巨人族の囚人は、インペルダウンではなく、パンクハザードに冷凍保存して送られるのが通常の流れだったのかもしれません。

 

また、シーザー・クラウンの台詞からも 囚人達をモルモットとして、ベガパンクが巨大化の実験をしていたのが読み取れます。

非道!?

この島で囚人のクズ人間共を

ゴミの様に人体実験する

それと何が違う!!!

出典:ワンピース第686話

ベガパンクの奴は

この天才に嫉妬してんのさ

シュロロロロ...!!

聞けばまた人体の巨大化に

失敗したそうだな

出典:ワンピース第686話

スポンサーリンク

パンクハザードには人工の竜が存在していた

パンクハザードの竜

出典:ワンピース第655話

パンクハザード編では、ベガパンクが作った人工の竜が登場しています。

そして、ルフィ達の会話からワンピースの世界でも竜は架空上の生物のようです。(ルフィ達がただ知らなかった可能性もありますが)

ただ実際に「剣豪リューマ」には竜を斬った伝説があるため、竜は架空上の生物ではないのかもしれません。

カイドウは海軍に18回捕まっている

もう一度言うが

彼が一人で海軍及び

四皇に挑み捕まる事18回...

1000度を超える拷問

40回の「死刑宣告」

時に首を吊られるも鎖はちぎれ

時にギロチンをかけられるも

その刃を砕け...

くし刺しにするも槍は折れ

結果沈めた巨大監獄船の数は9隻...!!

つまり

誰も彼を...殺せなかった......!!

出典:ワンピース第795話

カイドウは過去18回、海軍に捕まっています。

そして、ベガパンクは命の設計図と呼ばれる「血統因子」の発見に成功しています。

血統因子

出典:ワンピース第840話

 

パンクハザードでは、囚人たちをモルモットとして研究を行っていました。

ここは元々政府の科学者

ベガパンクの実験施設で

"兵器" "薬物"の開発と実験が

繰り返されていた場所だ

島にゃあ監獄代わりに

一部の囚人達が連れてこられて

モルモットの様に「人体実験」されていたらしい......!!

出典:ワンピース第664話

巨大な肉体を持ち かつ「龍」に変身できるカイドウは、世界政府にとって理想的なモルモットなはずです。

ということは、カイドウの血液や細胞などを採取していても不思議ではありません。

そして、カイドウから採取した情報と「血統因子」から作り出されたのが「モモの助」が食べたベガパンクの失敗作と呼ばれていた「人造悪魔の実」なのではないでしょうか。

-考察
-

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ