ドンキホーテ海賊団

【ワンピース】ラオGの強さを考察

ラオGの強さを考察

ラオG

出典:ワンピース第736話

プロフィール

名前 ラオG
異名 不明
肩書 -
年齢 70歳
懸賞金 元6100万ベリー
所属 ドンキホーテ海賊団ディアマンテ軍幹部
悪魔の実 -

元王下七武海「ドンキホーテ・ドフラミンゴ」率いるドンキホーテ海賊団のディアマンテ軍特別幹部

目にも止まらぬ速さで所持品を強奪したり衣服を剥ぎ取ったりすることができる「トンタッタ」のイエローカブ部隊隊長「カブ」達を相手に圧勝、また、オモチャの兵隊だった「キュロス」にも圧勝しています。

スポンサーリンク

 

ドン・チンジャオとの戦いでは、寿命で戦闘中に魂が抜けるというアクシデントが発生するも、ベビー5の叫びにより復活しています。(耳が遠くベビー5の叫びが聞き取れなかったようで「え?」と台詞を聞き直すために復活しています)

え!!?

ウソでしょ!?

ラオG!! 死なないで!!

帰ってきてーーーっ!!

出典:ワンピース第771話

覚醒した八宝水軍第13代棟梁「サイ」に敗れる

サイに敗れるラオG

出典:ワンピース第771話

コリーダコロシアムでのルフィ戦以降、持病が悪化していた「ドン・チンジャオ」を圧倒していた「ラオG」ですが、力が覚醒し「ドン・チンジャオ」に認められた八宝水軍第13代棟梁「サイ」の 錐龍錐釘(きりゅうきりくぎ)を真正面から食らい敗北しています。

ラオGの「地翁拳」

腰痛の構え

腰を落とし上半身を前に突き出した構え。腰痛の構えの後には、高速な連続攻撃を行う。

ドレスローザ編では「ドン・チンジャオ」相手に"腰痛の構え"からの連続技をきめています。

目の突枯(めのつかれ)

腰痛の構えの後に繰り出される連続技の一つであり、目に高速で連打する、目を潰す目つぶし攻撃。

型氷(かたこり)

腰痛の構えの後に繰り出される連続技の一つであり、肩に高速で突きを連打する攻撃。

不死武士の痛巳(ふしぶしのいたみ)

腰痛の構えの後に繰り出される連続技の最後の技。高速で相手の全身を攻撃。

「G」の刻印

「G」の文字を作った腕で突進し、相手を吹き飛ばす技。
ドレスローザ編では、よそ見をしていた「ドン・チンジャオ」に "「G」の刻印" 食らわせ吹き飛ばしています。これを食らったチンジャオの腹には「G」の文字が刻み込まれています。

戦闘保拳(せんとうほけん)

若い頃より筋力を積み立てて保管しておく気功術。

熟練した技と全盛期の力が使える"地翁拳" 究極の秘技

技は熟練!!

力は全盛期!!!

一体誰が

このわしに

勝てようかァ~~!!!

出典:ワンピース第771話

-ドンキホーテ海賊団

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ