ネタバレ

【ワンピース ネタバレ】第954話「龍に翼を得たる如し」考察

ワンピース 第954話「龍に翼を得たる如し」考察 ※ネタバレ注意

ワンピース第954話の感想そして考察となります。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

「光月おでん」が使っていた刀が判明

ワノ国の元九里大名「光月おでん」は二刀流の剣士だったことが判明しました。そして「光月おでん」が使用していた2本の名刀の名前も判明しています。

 

1つ目の名刀は

天羽々斬(あめのはばきり)

天羽々斬(あめのはばきり)といえば八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が登場する日本神話の物語で、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した時に使用された刀と同じ名前です。

天羽々斬(あめのはばきり)は「光月おでん」の息子である「光月モモの助」が所有。

 

2つ目の名刀は

閻魔(えんま)

日和の話では、唯一カイドウに傷をつけた伝説の刀と紹介されています。日和は「秋水」の代わりに「閻魔(閻魔)」をゾロに譲ろうとします。

そんなやり取りを見ていた、河松は「どこの馬の骨ともわからぬ男に」と光月おでんの形見である刀をゾロに譲るのを反対していました。

ゾロは、死体とはいえリューマとは一戦交えた仲だから、刀は返すが墓参りくらいさせろと、「秋水」の返却と新しい刀「閻魔(閻魔)」をもらうことを承諾しています。

侍
光月おでんの刀が天羽々斬(あめのはばきり)と閻魔(えんま)であることが判明

スポンサーリンク 目次1 ワノ国 九里大名「光月おでん」は二刀流の剣士だった1.1 天羽々斬(あめのはばきり)1.2 閻魔(えんま) ワノ国 九里大名「光月おでん」は二刀流の剣士だった ワノ国の元九里 ...

続きを見る

キッド、ホーキンス、アプーの同盟の真相が明らかに

"バジル・ホーキンス"と"X・ドレーク"に捕まっていた"トラファルガー・ロー"でしたが、ホーキンスはローに体をぶった切られており、ローに敗北した様子でした。

そしてローは、ホーキンスに尋問をしていました。尋問の内容は"ユースタス・キッド"、"バジル・ホーキンス"、"スクラッチメン・アプー"の同盟がどうなったのかについて。

スポンサーリンク

ホーキンスの話では、アプーは元からカイドウの傘下に入っており、キッドとホーキンスはハメられたとのこと。そういえばキッドも同盟はウンザリといっていました。(ワンピース第950話)

カイドウは、最強の軍隊を作る為に常に強い軍隊を求めており、キッドとホーキンスに部下になるなら許してやると勧誘。

ホーキンスは「勝利確率0%」「逃走成功率0%」「服従生存率40%」と占いで出たため、選択の余地はなく仕方なく部下になる道を選んでいます。

キッドとキラーは、真っ向から立ち向かい動かなくなるまで戦い続け敗北。ただカイドウはそういう奴らは殺さず、何とか心を折り服従させようとするようです。ルフィが敗北した時も殺さずに生かしていました。

ホーキンスの言葉で「四皇はおれ達とは別の生き物」という表現が四皇がいかに化け物であるかが分かります。

 

最後に牢屋から立ち去るローの台詞

おれを逃がすことが

お前の陰謀なら

乗ってやるよ...

出典:ワンピース『第954話』

ローを逃がした人物は誰なのでしょうか。単純に考えると"X・ドレーク"が一番有力だと思われます。なぜならローを牢屋に入れる時にいたのが、ホーキンスとドレークだったからです。

ドレークがカイドウの傘下になっている理由も気になる所です。

ハブ絵の意味が明らかに

「判じ絵」に描かれているハブ絵の意味が明らかになりました。

ワノ国には港が6つあり、ハブ絵で「刀武港(ハブみなと)」を表現していたようです。

康イエは、このハブ絵に足を2本足すことで「ハブに足を足したらトカゲ」に変わり「刀武港(ハブみなと)」から「常影港(トカゲみなと)」に集合場所を変えることで、勘の良い敵を惑わすことが目的だったようです。

昔、赤鞘九人男が康イエに言われた台詞「お前達はワノ国の守り神になれ!!」この言葉の使命を果たす時が来たようです。

「傳ジロー」の情報はまだないが、ついに作戦会議が始まりました。「傳ジロー」は一体誰なのでしょうか。これから登場する人物なのか、それとも既に登場している人物(狂死郎?)なのか。不明です。

ワノ国への入国方法は2通り存在する

ワノ国に入国する方法は、2通り存在することが判明しました。

一つ目は鯉に船を引かせ一か八かの入国

二つ目は滝を割り洞窟を通過するという方法。洞窟の終点にあるのは「潜港(モグラみなと)」、そこから船員および積荷を引き上げるようです。ただしこの方法はカイドウ、オロチの許可が必要。

百獣海賊団がワノ国へ入国する際は、「潜港(モグラみなと)」を使っているようです。

スポンサーリンク

「スクラッチメン・アプー」そして「ナンバーズ」が登場

「潜港(モグラみなと)」からワノ国へ入国したのは「スクラッチメン・アプー」そして「ナンバーズ」

アプーは火祭りの夜の宴に参加する為に返ってきたようです。

仲間外れは

ゴメンだぜ!!

出典:ワンピース『第954話』

ホーキンスとは違い、同盟前からカイドウの傘下だったアプー。大看板ジャックのことを呼び捨てにしていることも考えると、かなり馴染んでいる様子です。

アプーとジャック

出典:ワンピース『第821話』

 

アプーと共に登場した「ナンバーズ」はシルエットでの登場。シルエットを見る限り角が生えており巨大な鬼 もしくは 巨大な化け物のように見えます。

大看板がキング、クイーン、ジャックとトランプの13、12、11を表しているので、ナンバーズは1~10と考えるのが自然です。

真打ちの中でも最強と呼ばれる6人「飛び六胞」と「ナンバーズ」どちらが強いのか見物です。

百獣海賊団とビッグマム海賊団は海賊同盟を結ぶ

そしてなんと四皇カイドウ率いる「百獣海賊団」と四皇ビッグマム率いる「ビッグマム海賊団」が海賊同盟を結ぶことが判明しました。

タイトルの「龍に翼を得たる如し」の意味は「龍という強大な存在が翼を持つことで更に強力になる、もともと力の強いものが更なる力を手に入れる」などの意味があります。まさにこの海賊同盟のこと。

協力し世界を取ってから殺し合いの続きをするそうです。

四皇「カイドウ」だけでも、倒すイメージがわかないのに、更にビッグマムまで同盟・・・。一体どんな展開になるのか、まったく展開が予想できません。

次号が楽しみです。早く続きが読みたい!!!

-ネタバレ

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.