伏線

【ワンピース】麦わらの一味に加わる10人目の仲間を予想

10人目の仲間

出典:ワンピース第1話

ワンピース第1話で、ルフィは「10人は仲間がほしい」と話しています。この10人というのがルフィを含めて10人なのか、ルフィを含めないで10人なのかは定かではありませんが、ルフィを含めないで10人なのであれば、麦わらの一味には、あと1人仲間が加わるということです。

本記事では、麦わらの一味に加わる10人目の仲間を予想しています。

スポンサーリンク

麦わらの一味に関する「数字の法則」

麦わらの一味には「数字の法則」と呼ばれる予想があり、59巻のSBSでも紹介されています。

D:尾田っち!! 僕、すごい事に気づいちゃいました!!! それは

麦わら海賊団の能力者の食べた実を、数で表すと1~10の

数になるんです!!

ルフィ → ゴムゴム(5.6.5.6)

チョッパー → ヒトヒト(1.10.1.10)

ロビン → ハナハナ(8.7.8.7)

ブルック → ヨミヨミ(4.3.4.3)

(1.3.4.5.6.7.8.9.10)と、でも(2.9)がないという事は

ニキュニキュの実(2.9.2.9)を食べた、バーソロミュー・くま

が仲間になるという事ですか? 教えてください。

O:なにィ~~~~~~~~っ!! いやーびっくりしました! どういう意味で

驚いたかって!? ノーコメント~~~~~~~!!! 次っ!!

出典:ワンピース59巻 SBS

この法則が正しければ、最後の仲間は(2.9.2.9)の悪魔の実の能力者ということです。もしくは 既存の仲間が(2.9.2.9)の悪魔の実を食べるという展開かもしれません。

尾田先生がわざわざ SBSで取り上げたというのは、どういう意味なのか。「数字の法則」は以前から様々な所でいわれていた法則ですが、SBSに取り上げられたことで更に信憑性が増したような気がしています。

麦わらの一味に加わる10人目の仲間を予想

バーソロミュー・くま

元王下七武海の1人で、その正体は革命軍の元幹部。また、南の海の世界政府加盟国であるソルベ王国国王であった経歴を持ちます。

政府の科学者「Dr.ベガパンク」に肉体提供を行い、改造人間(パシフィスタ)として、肉体のみならず脳も改造されて人格・記憶も全て失っています。

「バーソロミュー・くま」に関しては、謎が多く、その謎は未だに明らかになっていませんが、壮絶な物語があると予想。

人格が今後、元に戻るかは不明ですが、もし 戻るようなことがあれば、麦わらの一味が世界政府から「バーソロミュー・くま」を助け出すという展開があっても不思議ではありません。

 

また「バーソロミュー・くま」は「ジュエリー・ボニー」と深い関係性があると考えられます。「ポートガス・D・エース」の母親である「ポートガス・D・ルージュ」は20ヵ月もの間 エースを腹に宿していました。

ボニーは年齢を操作する能力者です。ボニーの能力で「お腹の中の赤ちゃんの年齢を戻す」ことで、政府の目を欺いていたのではないでしょうか。(お腹の赤ちゃんが小さければ、母親のお腹も大きくならず妊婦だとはわからない、またガープが協力していたので、海軍の目につきやすい一般の病院には通っていなかったと予想)

出典:ワンピース第551話

エースの出産シーンでは、「先生」と「看護婦」、「ガープ」、そしてもう1人います。この人物が「ジュエリー・ボニー」なのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

 

エースの母ルージュと深い関係性がある?ボニー、そしてボニーと深い関係性がある「バーソロミュー・くま」。この辺りが明らかになるタイミングで、「バーソロミュー・くま」を世界政府から助け出し、麦わらの一味の仲間になるという展開があるかもしれません。

錦えもん

錦えもんは「フクフクの実」の能力者であり「数字の法則」で考えると(2.9.2.9)に当てはまる人物です。

光月家は、ワンピースの歴史の中で重要な役割を持っていると考えられます。「ゴール・D・ロジャー」がラフテルに辿り着くために「光月おでん」を仲間にしたのと同様に、麦わらの一味も光月家の人間を仲間にするという展開があっても不思議ではありません。

ワノ国光月家家臣の中で、仲間になる人物がいるとしたら「錦えもん」が最有力だと考えられます。

クザン(青キジ)

元海軍本部大将のクザン。現在は黒ひげ海賊団に加担しています。

「数字の法則」にはあてはまりませんが、麦わらの一味の今後を考えると、海軍本部や黒ひげ海賊団、赤髪海賊団など世界のトップクラスとの戦いが予想されます。

トップクラスとの戦いが予想される中、最後の仲間が中途半端な実力者だとは考えにくいです。最後の1人は 「物語を語る上で重要な人物」もしくは「トップクラスの実力者」なのではないでしょうか。

後者の場合、10人目の仲間である元王下七武海「ジンベエ」以上の実力者だと予想しています。

 

そう考えると、浮上してくるのが元海軍本部大将である「クザン」です。

ネフェルタリ・ビビ

いつかまた

会えたら!!!

もう一度 仲間と呼んでくれますか!!!?

出典:ワンピース第216話

アラバスタ編で、一度は麦わらの一味の船に乗っていたアラバスタ王国王女「ネフェルタリ・ビビ」。

そして、感動のお別れシーンで「もう一度 仲間と呼んでくれますか」という問いに、ルフィ達は仲間の印を見せてこたえています。

このシーンは実は伏線であり、ビビが再度仲間になるという展開があっても不思議ではないと考えています。なぜなら、アラバスタ王国には古代兵器「プルトン」の在りかを示すポーネグリフが存在しており、ワノ国の光月家と同様にアラバスタ王国のネフェルタリ家も「空白の100年」を語る上では重要な一族だと予想されるからです。

「物語を語る上で重要な人物」として、麦わらの一味の最後の仲間として「ネフェルタリ・ビビ」が再び船に乗るという展開があるかもしれません。

-伏線

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ