最新話 感想

ワンピース第1012話「うず」感想

2021-05-11

ワンピース第1012話「うず」感想

ワンピース第1012話「うず」の感想です。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

戦線復帰した赤鞘九人男

謎の人物により手当を受け戦線復帰した赤鞘九人男。

至る所で戦力不足だと感じた錦えもんは、モモの助を守るのは自分一人で他のメンバーには、他に散って助太刀をするように指示します。

赤鞘九人男のそれぞれの行動は次のとおり。

赤鞘九人男 行動
錦えもん しのぶと連絡が取れた錦えもんはモモの助の元へ
菊の丞 一度討ち損じたカン十郎を討たせたほしいと志願してるので、カン十郎の元へ向かいそう
ネコマムシ ペドロの仇であるペロスペローの元へ
イヌアラシ ジャックと対決中
雷ぞう 福ロクジュと対決中
アシュラ童子 カン十郎が作り出した偽おでんから仲間を守るために爆破に巻き込まれる
イゾウ サンジと負傷中のゾロと共にライブフロアへ
河松 サンジと負傷中のゾロと共にライブフロアへ
傳ジロー ??

イヌアラシは百獣海賊団の大看板「ジャック」と対決中、ネコマムシは、ビッグ・マム海賊団の幹部「ペロスペロー」との対決になりそうです。

そして、イゾウと河松は、キングとクイーンがいるライブフロアへ。

 

ここで気になるのが傳ジローの行動です。戦線復帰した赤鞘九人男の中で傳ジローの行動だけが描かれていないのです。

赤鞘九人男を手当していた謎の人物。この人物は光月日和の可能性が高いのでは?と考えています。

シルエット

出典:ワンピース1004話

日和は長い年月 傳ジローと共に黒炭オロチの元に仕えていました。しかも「小紫」と名前を変え、大胆にも敵である黒炭オロチの近くにいたのです。

傳ジローと日和は相当な策略家であり行動も大胆です。

 

もし、赤鞘九人男を手当していた人物が日和なのであれば、傳ジローと日和しか知らない作戦を実行しようとしているのかもしれません。

戦いたい「ヤマト」は屋上へ?

戦いたくて"うずうず"がとまらないヤマトは、モモの助を錦えもんと連絡が取れたしのぶに預け、戦線へ。

その目的地は、どうやらカイドウとルフィが戦っている屋上のようです。

遠く離れた場所からでも、ルフィの状態を把握することができるモモの助に、ルフィの状態を確認したヤマトは、急いで屋上へ向かうことに。

さっきと同じでござる・・・

弱っておるが元気だ

しかし

"声"は2つになった・・・

出典:ワンピース第1012話

モモの助の能力は、空島のアイサと似ています。モモの助は光月家の跡取りです。そう考えると空島のアイサも重要人物なのかもしれません。

ナミ&ビッグマム VS うるティ

前回の流れからビッグマム VS うるティになるかと思っていたが、うるティがお玉に手をあげたことでビッグマムだけではなくナミも参戦。

子供に優しいナミは、お玉に手をあげたうるティが許せず「この女ここでブチのめす!!!」と逃げるのはやめてうるティと戦うことに。

パンクハザード編でも、子供に泣いて助けてと言われたナミは「もう背中を向けられないじゃない」と子供たちを助ける決断をしています。ベルメールさんと同じで子供に優しいナミはカッコいいですね。

 

ビッグマムはお玉のことを友達だと話しており、お玉に手をあげたうるティに激怒しています。

ビッグマムが記憶喪失になったとき、親切にしていたのは、お玉、モモの助、菊の丞、チョッパーです。特にお玉とは仲良さそうに話していました。

お玉のことを友達と話すビッグマムが、モモの助や菊の丞、チョッパーに対してどのような対応を取るか気になる所です。

 

そして、ビッグマムとナミがどのような関係性になっていくのか見物です。(ビッグマムと交渉しゼウスは正式にナミのしもべになるような気がしています)

 

今後の展開が楽しみです。

早く続きが読みたい!!!

-最新話 感想

© 2021 ワンピース考察/伏線/ネタバレ