ワノ国編

【ワンピース考察】傳ジローの正体は「コウシロウ」の兄である!?

2019-10-29

傳ジローの正体は「コウシロウ」の兄である!?

傳ジロー

出典:ワンピース第960話

ワンピース第960話でついに登場した「傳ジロー」

まだ登場していない赤鞘9人男の最後の一人で、未だに正体が判明していません。

スポンサーリンク

本記事では「傳ジロー」の正体について考察しています。

[考察1] 傳ジローが登場した回想シーンは何年前なのか?

時系列を整理

年表 説明
50年以上前 霜月コウ三郎がワノ国を違法出国
56年前 錦えもん誕生
51年前 コウシロウ誕生
40年前 イヌアラシ、ネコマムシ誕生
28年前 クロッカス(当時45歳)がロジャー海賊団の船医となる
25年前 ロジャー海賊団が「偉大なる航路」を制覇
20年前 光月おでんが処刑される

第960話の回想シーンは、41年前の回想シーンです。(第959話で39年前と書かれていましたが、少年ジャンプ47号で41年前だったと訂正されています。イヌアラシ、ネコマムシが生まれたのが40年前なのでその辺りが影響している?)

[考察2] 傳ジローの容姿はコウシロウに似ている?

回想シーンで登場した子供の頃の「傳ジロー」の容姿は、ゾロの師匠である「コウシロウ」に似ている気がしています。

回想シーンは41年前なので、「コウシロウ」は10歳です。

そして回想シーンで登場した「傳ジロー」も10歳くらいの少年でした。ということは「傳ジロー」と「コウシロウ」が同一人物の可能性も考えられます。

 

ただし50年以上前に「霜月コウ三郎」がワノ国を違法出国し「東の海」へ渡っているのです。そして「コウシロウ」の出身地は「東の海」です。

 

ということは「傳ジロー」と「コウシロウ」が同一人物という線はなさそうです。

[考察3] 傳ジローと「コウシロウ」は本当に他人なのか?

「霜月コウ三郎」「傳ジロー」「コウシロウ」には共通点があります。

 

それは「次郎」「三郎」「四郎」という名前です。(狂死郎(シロー)も関係する?)

傳ジロー → 次郎(ジロー)

霜月コウ三郎 → 三郎(三郎)

コウシロウ → 四郎(シロウ)

 

「霜月コウ三郎」がワノ国を違法出国したが50年以上前です。そして「コウシロウ」が生まれたのが51年前です。そう考えると「コウシロウ」の父親は「霜月コウ三郎」と考えるのが妥当です。

 

そして「コウシロウ」には兄がいた。(予想)

それが「傳ジロー」なんじゃないでしょうか。

 

「霜月コウ三郎」がワノ国を違法出国し、「コウシロウ」を生んだ。

そして父が違法出国しいなくなったので、「傳ジロー」は身なし子になった。

 

と予想してみました。

今後の展開が楽しみです。

-ワノ国編

Copyright© ワンピース考察/伏線/ネタバレ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.