ネタバレ

【ワンピース※ネタバレ注意】第967話「ロジャーの冒険」考察

ワンピース 第967話「ロジャーの冒険」考察 ※ネタバレ注意

ワンピース第967話の感想そして考察です。

※単行本派の方はネタバレにご注意ください。

スポンサーリンク

ついに海賊王「ゴール・D・ロジャー」がラフテルまで辿り着いた道のりが判明しました。

4つのロードポーネグリフの在りか、そしてルフィ達が冒険した「空島」や「ウォーターセブン」「魚人島」などが登場。

ワンピース第967話も、非常に内容の濃い回となっています。

シャンクスとバギーの「北極」「南極」

シャンクスとバギー

出典:ワンピース第19話

ワンピース3巻 第19話で登場したシャンクスとバギーの「北極」と「南極」どちらが寒いかを言い争う喧嘩。

ワンピース第967話では、この喧嘩からスタートします。

 

ワンピース3巻の発売日は1998年6月です。22年近く前に描かれたシーンが再度描かれており、懐かしいシーンでした。

ロードポーネグリフは「ワノ国」そして「魚人島」にもあった

「ロードポーネグリフ」とは、偉大なる航路の最果て「ラフテル」の場所が記されたポーネグリフ。赤い色をしているのが特徴で、全世界に4つしか存在しない書物です。

そして「ロードポーネグリフ」にはそれぞれ地点が示されており、4つの地点を結んだ中心にラフテルが存在するといわれています。

そんな「ロードポーネグリフ」ですが、ロジャーの時代には「ワノ国」そして「魚人島」に存在していたことが判明しました。

 

イヌアラシの話では、現在「ロードポーネグリフ」の在りかは四皇「カイドウ」「ビッグ・マム」が所有、そしてゾウに1つ、残りの1つは所在が分からないとのこと。

ロジャーの時代「ロードポーネグリフ」は、「ゾウ」「ワノ国」「魚人島」「万国」に存在していたので

  • 昔:「ゾウ」→ 現在:「ゾウ」
  • 昔:「万国」→ 現在:「万国」
  • 昔:「ワノ国」→ 現在:カイドウ?
  • 昔:「魚人島」→ 現在:所在が不明

「ワノ国」にあった「ロードポーネグリフ」は、ワノ国を支配した カイドウが所有していると考えられます。

水の都「ウォーターセブン」でトム、アイスバーグ、フランキーが登場

空島を後にしたロジャー海賊団は、水の都「ウォーターセブン」へ。

ロジャー海賊団の船である「オーロ・ジャクソン号」は、トムが作った船です。久しぶりに会ったロジャー海賊団とトム、トムは「久しぶりだな!!」と笑っています。

 

幼少期のフランキーは、相変わらず海岸で兵器作り。そこでフランキーと光月おでんが会話しています。会話の内容は、フランキーが見なし子なのを聞き、船長に聞いて仲間にしてやろうかというもの。

ただフランキーは、海賊に捨てられたばかりだからという理由で断っています。

スポンサーリンク

なんとフランキーは、子供の頃に 光月おでん に会っていたのです。ただフランキーは光月おでんだとは気づいていない感じでした。

テキーラウルフを眺める「光月おでん」

水の都「ウォーターセブン」から次の場所へ航海している途中、テキーラウルフが登場します。

テキーラウルフとは、島と島を繋ぐ巨大な橋の国。「バーソロミュー・くま」により「ロビン」が飛ばされた場所であり、700年前から建設しており、未だに作り終わっていません。

700年前から奴隷達を使い作り続けている「テキーラウルフ」は、何の目的で作られているのか?

 

そんなテキーラウルフを双眼鏡で眺める「光月おでん」の姿。

ロードポーネグリフを求めて「魚人島」へ

ロジャー海賊団はロードポーネグリフを求めて「魚人島」へ。

おでんは「白吉っちゃんと言った事があるぜ!!」と話すも、「油断するな、何度行こうと死の確率は変わらない」とコーティングした船で魚人島へ行くリスクについて話していました。

 

魚人島では当時3歳の「シャーリー」の予言に振り回されており「人魚姫が生まれる」という予言に対し、ネプチューンは「俺はまだ結婚もしていない」と話しています。

この頃はまだ、オトヒメと結婚していないようです。

 

そして、ジョイボーイの謝罪文であるポーネグリフの横に、ロードポーネグリフが存在。

ロジャーの時代には魚人島にロードポーネグリフが存在していたようです。ただルフィ達が訪れた時にはロードポーネグリフは存在していませんでした。

 

魚人島にあったロードポーネグリフは、何処にいってしまったのでしょうか。

ロードポーネグリフを求めて「ワノ国」へ

ワノ国の近海で、トキが倒れる展開。トキの本来の目的は「ワノ国」なので、「ワノ国」に来たことで緊張の糸が切れ、長旅の疲労に襲われたのではとレイリーが話しています。

そして トキ は「ワノ国」で船を降りることに。イヌアラシとネコマムシもトキと共にワノ国で船を降ります。おでんも船を降りようとするも、トキは猛反対。

 

「ワノ国」に到着すると、懸命におでんを説得しようとする錦えもん達。それをトキが止めます。

おでんも錦えもん達の姿を見て「ワノ国」に異変が起きていることを理解するも、振り返れば もう二度と海へは出られないと感じ、再びロジャー海賊団の船に乗り込みます。

ロードポーネグリフを求めて「ゾウ」へ

ロジャー海賊団はビブルカードでゾウへ。

この時代の「モコモ公国」は「ひつギスカン侯爵」が侯爵を務めていました。

スポンサーリンク

ロジャーとおでんは、「巨大な何かにずっと見られているようだ」と落ち着かない様子。

ゾウで最後のロードポーネグリフを見つけたロジャー海賊団。

最後の島「ラフテル」へ

いくつかのリオ・ポーネグリフと4つのロードポーネグリフを手に入れたロジャー海賊団は、ついに最後の島への航海を始めます。

ただ、バギーが突然の高熱を出し"最後の島"への航海を断念。そして看病役にシャンクスがなり、シャンクスは「行くんだったらおれ達は いつか自分の船で行くよ!!」と話しています。

 

ロジャー海賊団と光月おでんは

世界の全てを知った

"空白の100年"とは

"Dの一族"とは

「古代兵器」とは

 

「ワノ国」はかつて世界と接していた

本当にあった"膨大な宝"

 

その”膨大な宝"を目の前にロジャーは笑ってた

おれ達もそうだ涙が出るほど笑った

 

 

ロジャーは

「ジョイボーイ おれは お前と同じ時代に生まれたかった とんでもねェ宝を残りしやがって...!!! とんだ笑い話だ!!」

 

どうやら「ラフテル」にある"膨大な宝"はジョイボーイが残した宝のようです。

そして800年間誰もたどり着けなかった最後の島「ラフテル」は「ゴール・D・ロジャー」が名付けた島であることも判明しました。

-ネタバレ

© 2020 ワンピース考察/伏線/ネタバレ